FC2ブログ

「自立型人間養成フォーミュラ」 これからの二分する世の中に備えて

潜在意識のメカニズムを学んで、強者の質を啓こう!

潜在意識のメカニズムを知ろうー272

  1. 2018/10/10(水) 11:18:00_
  2. 潜在意識のメカニズムを知ろう
  3. _ comment:0
今日は!白いハナミズキです。
ご訪問下さってありがとうございます♪


激動の2018年、これからの時代を生き抜く為に、
知っておくと絶対に得する事・・・
それは、潜在意識のメカニズムです。

これから
お伝えして行く、「潜在意識のメカニズムを知ろう」で
今まで誰も教えてくれなかった得する考え方、
潜在意識の活用法を
お伝えして行きます。

少しずつ理解を深め、自分に応用する事で
私たちの人生は輝き、希望に満ち溢れるものに変わって行くでしょう。

☆前の記事はこちら☆
潜在意識のメカニズムを知ろうー271



お金を引き寄せる潜在意識 




63 質問を作り出せる能力を磨くー④


「何の為に?」が落とし込まれると、
人生で今まで気付かなかったムダに
どんどん気付く様になります。

この質問を持たないと、
幸せへの近道を探したツモリが
人生の回り道ばかりをする事になるのです。

原理原則または拠り所の無いデータ、
それぞれがセンターに在ると、
そのそれぞれに同類親和の法則が働く
という事を覚え続けていて下さい。

「何の為に?」を考える事は、
質問力を養う原理原則です。

そしてそれは意識の力として育って来ると、
人の心を揺さぶる貴方の力となって
発露する様になります。

一万倍は有ります。

故に、それ「何の為に?」がいつも
勝手に意識が立ち上がって来るまで粘着する
といいですね。

フランクリンの十三徳」から、
フランクリン自身が試行錯誤の末に編み出した、
良い習慣を身に付ける為の手順を真似びましょう。

ここで大切なのは、
十三徳そのものでは無く、手順です。

検索して調べて下さい。

当シリーズの記事から大切な事を
幾つか(例えば13個)書き出し、

フランクリンが十三徳を身に付けた様に、
その手順を真似して、その期間はしばらく
その事ばかり考える事に集中するのです。

落とし込む感覚が啓いていると
粘着は自然に起こりますが、
逆に粘着しようと努力する事で、
落とし込む感覚が啓く事を助けるのです。

今はフランクリンの時代と違って、
録音機器が有ります。是非活用しましょう。

成功する質の在る人間は、
実に些細な事に粘着する質を持っている事を
覚え続けていて下さい。

例えば、出来る人と言うのはこの
「何の為に?」に数年は粘着し続けるのです。

何故なら事在る毎に、
それが勝手に意識に立ち上がり、
忘れられない意識状態になっている
のです。

それはストーリーを描こうとしているからです。

落とし込まれ、
自動化するとはそういう感覚です。

事在る毎に不安心理が湧いて来る神経症の人とは、
まるで逆の状態ですね。

それも落とし込まれて自動化してしまったモノが、
意識の力となっている姿です。

どっちがいいでしょう?

この様に基本的な質問が落とし込まれると、
他の立ち向かう質問は
後は幾らでも付随して立ち上がる様になるので、

この基本的な立ち向かう質問「何の為に?」
を徹底的に落とし込んで下さい。

質問が付随して立ち上がるとは、
そこにも同類親和の法則が働いている
という訳ですね。

そうすると、
人にもその人にピタリと合った質問を
発せられる自分に成っています。



潜在意識のメカニズムを知ろうー273



自己啓発ランキング
より多くの方に見ていただけるよう

クリックしていただけると嬉しいです。






スポンサーサイト



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

白いハナミズキ

Author:白いハナミズキ
私は長年マスター・重見幸俊氏の学びをしてきました。中でも「お父さん塾」&「自立型人間養成フォーミュラ」の効果は絶大で、古今東西、他に類のない奇跡の成功プログラムだと確信しています。
だから、もっと多くの人にこれらのコンテンツを知って欲しい!学んで欲しい!と切望し、このサイトを立ち上げました。
成功する(幸せになる)には、弱者の質から強者の質を啓く必要があります。
その為の絶対得する情報を、順次、公開して行きます。マスターからの熱きメッセージです!お楽しみに!!

最新コメント

カテゴリ

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -