FC2ブログ

「自立型人間養成フォーミュラ」 これからの二分する世の中に備えて

潜在意識のメカニズムを学んで、強者の質を啓こう!

潜在意識のメカニズムを知ろうー257

  1. 2018/09/22(土) 06:00:00_
  2. 潜在意識のメカニズムを知ろう
  3. _ comment:0
今日は!白いハナミズキです。
ご訪問下さってありがとうございます♪

激動の2018年、これからの時代を生き抜く為に、
知っておくと絶対に得する事・・・
それは、潜在意識のメカニズムです。

これから
お伝えして行く、「潜在意識のメカニズムを知ろう」で
今まで誰も教えてくれなかった得する考え方、
潜在意識の活用法を
お伝えして行きます。

少しずつ理解を深め、自分に応用する事で
私たちの人生は輝き、希望に満ち溢れるものに変わって行くでしょう。

☆前の記事はこちら☆
潜在意識のメカニズムを知ろうー256



お金を引き寄せる潜在意識 




060 瞑想でイメージを焼き付ける・思いを強固にするー④


そして「その罪は貧乏そのものである」
という事です。

目を覚まさなければ
このパターンは切り替えられません。

欲しいと考えた時に、それに快を感じるなら
潜在意識はそれを現実化させる方向に働き始めます。

欲しいと考えていても、不快を感じるなら
潜在意識はそれを避けようと働き始めるのです。

そしてそう考える事が、
好きな事・集中している事・考えている事・
感じている事を現実化しようとするのです。

ここで「そう考える事が好き」
という表現の仕方に要注意です。

「糖尿病に成っている人は糖尿病に成る事が好き」
と同じパターンで、
お金を原因として、苦を得てしまう側を
選択する方を感じる事が好きなのです。

感覚が逆さまになっているとはそういう事です。
おかしなものです。

形而上的昏睡状態に在ると、
モノの道理や因果が観えません。

「だったら喜びを感じなさいよ。
感謝から始めなさいよ。
それが出来る理由を探しなさいよ」と教えても、

たいていの人は「そんな事は出来ない」と反発して、
深く考える事も無く終わりです。

本当はお金を引き寄せる事になる
正しいアドバイスに反発心が出るという事は、
潜在意識言語ではそうする事が嫌い
という事ですから、

結局その逆のお金を弾く方が好きだ
という事になるのです。

成功したいとは思っても、
その成功を構成する要素の一つ一つは
嫌いなのと同じです。

失敗したくは無いと考えても、
失敗に導かれるその要素の一つ一つは、
執着していたり好きだったりします。

嫉妬も同じでしたね。

嫉妬で湧き起こる気分は嫌いなのでしょうが、
その対象を賞賛する事はもっと嫌いですから、
結局嫉妬する方を選択しているので、
「嫉妬する事が好きだ」という事になっているのです。

その対象が頭では嫌いだと思っていても、
潜在意識には「その感じ方の方が好きだ」
というデータとして蓄積しているのです。

潜在意識には、自分が取っているスタイルが
インプットされて行きます。

気付かないでいるという事は本当に恐ろしい事ですが、
この様な事例を「ポーラスター・プログラム」
オプション(滝部セミナー10年分の講義録)、
または「お父さんで塾」では
事詳細に解りやすく解説しています。

一つの原理原則を、
機会を変えては色々な事例を通して、
様々な角度から解説しています。

でもそういう事を、
自分で理解出来る様にしているのが
「統合分離表」というツールです。→015




潜在意識のメカニズムを知ろうー258

潜在意識のメカニズムを知ろうー総合目次に戻る


自己啓発ランキング
より多くの方に見ていただけるよう

クリックしていただけると嬉しいです。







スポンサーサイト



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

白いハナミズキ

Author:白いハナミズキ
私は長年マスター・重見幸俊氏の学びをしてきました。中でも「お父さん塾」&「自立型人間養成フォーミュラ」の効果は絶大で、古今東西、他に類のない奇跡の成功プログラムだと確信しています。
だから、もっと多くの人にこれらのコンテンツを知って欲しい!学んで欲しい!と切望し、このサイトを立ち上げました。
成功する(幸せになる)には、弱者の質から強者の質を啓く必要があります。
その為の絶対得する情報を、順次、公開して行きます。マスターからの熱きメッセージです!お楽しみに!!

最新コメント

カテゴリ

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -