FC2ブログ

「自立型人間養成フォーミュラ」 これからの二分する世の中に備えて

潜在意識のメカニズムを学んで、強者の質を啓こう!

潜在意識のメカニズムを知ろうー255

  1. 2018/09/20(木) 06:00:00_
  2. 潜在意識のメカニズムを知ろう
  3. _ comment:0
今日は!白いハナミズキです。
ご訪問下さってありがとうございます♪

激動の2018年、これからの時代を生き抜く為に、
知っておくと絶対に得する事・・・
それは、潜在意識のメカニズムです。

これから
お伝えして行く、「潜在意識のメカニズムを知ろう」で
今まで誰も教えてくれなかった得する考え方、
潜在意識の活用法を
お伝えして行きます。

少しずつ理解を深め、自分に応用する事で
私たちの人生は輝き、希望に満ち溢れるものに変わって行くでしょう。

☆前の記事はこちら☆
潜在意識のメカニズムを知ろうー254



お金を引き寄せる潜在意識 




060 瞑想でイメージを焼き付ける・思いを強固にするー②



貴方は今、成功に関してまた一つ、
今までにない角度から理解する為の
凄い事を知りました。

成功とは、気分や衝動を操る事だと。

逆に気分や衝動を操れるなら成功出来るんだと。

ではその次は、
この衝動を操れる方法をマスターする事こそ、
成功に到るキーワードだという事をご理解ください。

しかし他人的な潜在意識は、
望めばその様に準備してくれる
というモノではありません。

役所の手続きみたいに、相手側のスタイルに合わせた
一定の手続きを踏んでこそ、応じてくれるのです。


その手続きは踏まず、望む事を望むがままに
そこで地団駄を踏んでいたら、摘み出されるだけです。

しかし、潜在意識のメカニズムに沿って
正しく手続きを踏めば、
大変な協力者となってくれるのです。

潜在意識が潜在能力として働くとは、

この内から掻き立てられる様に、
そして突き上げて来る衝動によって
行動が起こって来るから、
そこに結果としての成功が現れる訳です。

この衝動が湧かせられなければ、
幾ら意思の力で綿密な行動計画を立てても
その達成は難しいでしょう。

「熱き想い・溢れる様な情熱・
押し留める事の出来ない願望」
という
意識の力を育てる事が大切なのです。

統合側の心遣いは、良き衝動を生む様になりますが、
分離側の心遣いは悪い衝動を生む様になります。

普通、人は思考がパターン化していますから、
それが分離側の心遣いなら、
無自覚なまま悪い衝動を生み、
それが悪いというか、自分の為にならない行動を
無意識レベルで取ってしまう事に成ります。


逆に、新しき良き思考パターンを導入し、
それがパターン化するまで反復していると、

それはやがて意識の力として育って来ますから
良き衝動を生み、その結果
良き行動が自然に取れる様になるのです。


以上を纏めますと、思考はパターン化しているので、
それは何らかの意識の力を育て、

その意識の力は衝動を生み、
その衝動によって行動が起こるので、
その行動によって何らかの結果が出る、
という事です。

それを縮めて表現すると「思考は現実化する」
という事に成るのです。

「願望が現実化する」ではありません。

「願望を現実化させる」には、自分の内から湧いて来る
感情・気分・衝動が自分の求める方向に対して、

そう働いてくれる様に、
他人的な潜在意識に働きかける方法を知り、
それをマスターせねばなりません。




潜在意識のメカニズムを知ろうー256

潜在意識のメカニズムを知ろうー総合目次に戻る


自己啓発ランキング
より多くの方に見ていただけるよう

クリックしていただけると嬉しいです♪










スポンサーサイト



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

白いハナミズキ

Author:白いハナミズキ
私は長年マスター・重見幸俊氏の学びをしてきました。中でも「お父さん塾」&「自立型人間養成フォーミュラ」の効果は絶大で、古今東西、他に類のない奇跡の成功プログラムだと確信しています。
だから、もっと多くの人にこれらのコンテンツを知って欲しい!学んで欲しい!と切望し、このサイトを立ち上げました。
成功する(幸せになる)には、弱者の質から強者の質を啓く必要があります。
その為の絶対得する情報を、順次、公開して行きます。マスターからの熱きメッセージです!お楽しみに!!

最新コメント

カテゴリ

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -