FC2ブログ

「自立型人間養成フォーミュラ」 これからの二分する世の中に備えて

潜在意識のメカニズムを学んで、強者の質を啓こう!

潜在意識のメカニズムを知ろうー249

  1. 2018/09/14(金) 06:00:00_
  2. 潜在意識のメカニズムを知ろう
  3. _ comment:0
今日は!白いハナミズキです。
ご訪問下さってありがとうございます♪

激動の2018年、これからの時代を生き抜く為に、
知っておくと絶対に得する事・・・
それは、潜在意識のメカニズムです。

これから
お伝えして行く、「潜在意識のメカニズムを知ろう」で
今まで誰も教えてくれなかった得する考え方、
潜在意識の活用法を
お伝えして行きます。

少しずつ理解を深め、自分に応用する事で
私たちの人生は輝き、希望に満ち溢れるものに変わって行くでしょう。

☆前の記事はこちら☆
潜在意識のメカニズムを知ろうー248



お金を引き寄せる潜在意識 




59 良い記事を自分で録音して100回聞いてみようー②


ではそれを如何やってか増やすかです。

弱者の立場の人は
「落とし込む」という感覚を知りません。

誰かのいい言葉の表現も、
理解出来たらそれでストップです。

しかし、言葉に強い人は違います。

いい表現に出会うと、
その表現も自分も何処かで使いたいと感じて、
心の中で繰り返す癖を持っているのです。

メモも取るでしょう。

それは、その表現を自分も使える様に成りたい
と願望しているからです。

そうすると、
それは認識の第四段階に落とし込まれ、
潜在意識に引き渡される様になります。

これがアタマで分ったというのと、
潜在意識に分からせたという事の違いですね。

そうして潜在意識が引き受けてくれれば、その後
その表現パターンはそれが必要な時と場所で、
的確に飛び出してくれる様になります。

自動化とはそういう事です。

人から説得力のある人だと思われる訳です。

言葉に強い人は「自分は解っているが、
潜在意識に教え込むという認識が必要だ」
を無意識に実行する癖が有るんですね。

こうして言葉に強い人は、
表現パターンのストックをどんどん増やして行くのです。

普通大切だと感じた事は、
誰でもメモを取ったりするではないですか。

でも大切な事は、そのメモを
何度も何度も読み返すクセを持っているか
という事です。

せっかく取ったメモです。

それを最高に活かす方法をお伝えしましょう。

ハイ、それは間を置きながら100回繰り返す事です。

間と言うのは、間に睡眠を挟む事がベストですね。

その内落とし込むという感覚が啓けば、
100回も繰り返さなくても数回の反復程度で
それは自分のモノに成る様に成ります。

当シリーズでは更に踏み込んで、
自在に語れる自分造りを目指して欲しいと思います。

そうする事で、
自分の自由度というモノが格段に広がるからです。

とにかく繰り返し反復し続けていたら、
ただそれだけで、
潜在意識は引き受けてくれる様になるのです。

だったら、
この手を使わない手は無いと思いませんか?

私はいつもこの手を使っていますよ。

表現パターンのストックを増やす事を考えて、
他人のいい表現をまずはパクる事から始めるのです。

それが貯まれば、
オリジナル表現もできる様になりますからね。

・・・そこで、です。

この自在に表現できるという感覚を、
実用的なモノに応用しながら鍛え、
開発して行く事を考えましょう。





潜在意識のメカニズムを知ろうー250

潜在意識のメカニズムを知ろうー総合目次に戻る


自己啓発ランキング
より多くの方に見ていただけるよう

クリックしていただけると嬉しいです♪





スポンサーサイト



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

白いハナミズキ

Author:白いハナミズキ
私は長年マスター・重見幸俊氏の学びをしてきました。中でも「お父さん塾」&「自立型人間養成フォーミュラ」の効果は絶大で、古今東西、他に類のない奇跡の成功プログラムだと確信しています。
だから、もっと多くの人にこれらのコンテンツを知って欲しい!学んで欲しい!と切望し、このサイトを立ち上げました。
成功する(幸せになる)には、弱者の質から強者の質を啓く必要があります。
その為の絶対得する情報を、順次、公開して行きます。マスターからの熱きメッセージです!お楽しみに!!

最新コメント

カテゴリ

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -