FC2ブログ
  • 2021_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2021_08

「自立型人間養成フォーミュラ」 これからの二分する世の中に備えて

潜在意識のメカニズムを学んで、強者の質を啓こう!

47意識の時代が来る!意識の時代は「何故?」を問う者の時代 「何の為に」そうするのか?

  1. 2020/09/14(月) 06:00:00_
  2. 意識の時代が来る!
  3. _ comment:0
今日は!白いハナミズキです。
ご訪問下さって有難うございます♪

マスターからの熱きメッセージ
「意識の時代が来る」をこれから数十回に分けてお届けします。

これからは、心の時代、意識の時代と言われています。

その時代を迎える準備として必要なのは
潜在意識のメカニズムと正しい歴史の認識を持つことです。

その為にこのシリーズでは、
目からの鱗の様々な情報をお伝えしてい行きます。

時代の先読みの準備をする為に
納得するまで何度も繰り返してくださいね。



何故?




46意識の時代が来る!その9
「無意識の思考習慣を覚醒する」



47意識の時代が来る!
意識の時代は「何故?」を問う者の時代 「何の為に?」そうするのか?


結果指向型から原因追求型の思考習慣へ。
  
何故、これからの時代は
特に原因追求型の思考習慣が必要なのか?
  
「何故?」を問い続ける事で、
人を動かし巻き込む真の実力を養う。


「何の為に何故そうするのか?」と
「どうしたらそう出来るか?」
・・・whyとhowの違い。

「何の為に・何故」は目的や原因を追究するが、
「どうしたら」は結果を志向している。

「何の為に・何故」は戦略を指し示し、
「どうしたら」は戦術を指し示す。

「何の為に・何故」は目的を問う為、
それを叶える為の手段は色々と発案出来るが、
「どうしたら」は手段が限定されて来る。

「何の為に・何故」は結果として出来る事の手段が広がるが、
「どうしたら」は狭まる。

言葉が、感情や気分に与える影響を思索しましょう。
言葉は力を持っているからです。


色々な動詞にwhyとhow、「何の為に・何故」と
「どうしたら」で言葉を綴って見ましょう。

生きる・・・何故生きるのか・・・どうしたら生きられるか

食べる・・・何の為に食べるのか・・・どうしたら食べられるか

学ぶ・・・何故学ぶのか・・・どうしたら学べるか

稼ぐ・・・何の為に稼ぐのか・・・どうしたら稼げるか

愛する・・・何故愛するのか・・・どうしたら愛せるか

する・・・何の為にそれをするのか・・・どうしたらそれが出来るか 等々。


私達は幼少期から
「どうしたら」ばかりを思考する様条件付けられ、

「何の為に・何故」を問う様には
思考訓練を受けてはいません。

何故でしょうか?

その訳はエンプロイーには
「何の為に・何故」は不要だからです。


先の例のそれぞれの問いの答えが見つかったとして、
どちらがモチベーションが高まるでしょうか?

「何の為に・何故」がはっきりしたら、
意味や価値が高まり、自発的に動けますが、

「どうしたら」での答えは分離側の人にとっては
「しなければならないからする・仕方ないからする」
と言う傾向が表れて来ます。

また、「どうしたら」は、
意味や価値を問うてはいないという事にお気付き下さい。

「何の為に・何故」から導かれた答えは
目的を提示する為、それは人の賛同を受けますが、

「どうしたら」から導かれるモノは手段に過ぎないので、
人の関心をあまり集めません。

次の動画を見て下さい。

サイモン・シネックの

また、
「何故?」を問う思考習慣は、好奇心を拡大し
「探す・調べる・工夫する」能力を自然に発達させます。

それは、自分の知らない世界を拡げ、
それは世界観を拡大する事に大いに役立つのです。

「探す・調べる・工夫する」も
「何故?」が落とし込まれてしまったら、
それはもうしないではいられない習慣です。

何故なら
「探し調べる」事で、一つ一つ答を得て行くのは、
心的勤勉な者にとっては快感なのです。

インターネットが発達した現在、
「探し調べる」事は超簡単になり、
その作業効率は飛躍的にアップしました。

そういう癖を持っている人は、
どんどんと自分の認識世界を
20世紀には考えられない程広げて行きます。


しかし、分からない事を放ったまま
「探す・調べる・工夫する」を面倒臭い事だと
考える人達がいます。

この思考習慣の違いは、
人生にどんな違いをもたらす事になると思いますか?

良く考えて見ましょう。

誰もそれを怠惰であるとは認識していませんが、
心的怠惰な人は、「何故?」を問わない訳です。

分からない事を放ったままでも平気と感じる、
その正体は何でしょう?

何故そうなったのでしょうか?

その人にとって、問う事は藪蛇というイメージ的結論が
顛倒夢想としてどっかりと根を生やしているのです。

それで考える事を放棄している訳です。
何か諦めているんですね。困った事です。

この様な、ちょっとした思考習慣のある無しが、
知らない内に人生に多大な差を付けていると知りましょう。

これは人間の二極化に加速が掛ります。

誰も指摘していませんが、
貴方はどちらで在りたいですか?

だったら、この際もう思い切って
「何の為に・何故」を問い続ける思考習慣を
モノにしましょう。


何にでも、whyと言う質問をぶつけて
物事を見て見ましょう。
暫くwhyに粘着して下さい。

Whyは
たおめる」の立ち向かう質問の力を発達させる原点です。

幼児は何でも知りたがります。

そして「何の為に・何故」の目的を、
喜びや生命の歓喜に繋がる様に明確に設定しましょう。

自分自身で、その様に意味や価値を創出するのです。
ここが最も重要な事です。

自分自身で意味や価値を与えるという事。
自分で自分の人生を切り拓くとは、そういう事です。

覚醒を目指して指示待ち人間・隷属人間を脱出する為には、
そういう事を本気で考えるのです。

自分で自分を創造するのです。

今までは知らないとか、
出来ないという暗示にかかっていただけなのです。

だから、創造的な想像力が必要になって来るのです。
ではどうやって想像力を鍛えたらいいのでしょう?

それこそ「独立して自ら思索出来る能力」の開発ですが、
その手始めに、プログラムへの再挑戦です。

今まで問い掛けられても保留して来た質問に答える事が、
マヒしかかっていた脳回路のリハビリに成ります。

質問や提案されている事に想いを巡らせる事です。
そうする事で、心的怠惰性を叩き直す事が出来ます。


「何の為に・何故」を人に問いかけて、
それを意識させるなら、
貴方は人を動かせる様になります。

質問は心のハンドルです。

行先を考えてもいない人達には、
貴方がそのハンドルを切って上げる事です。

「何の為に・何故」を自分の為に
本気で考えた量に比例して、
その意識を人にも注ぐ事が出来る様になるからです。

ちょっとした事を知った時、
一つ一つを性根に叩き込むという考え方、
感じ方が大切です。

殆どの人は、「聞き流す」という事が
自動的になっているという事を観察しましょう。

何度言われても覚えないとしたら、
「性根に叩き込む」という考え方、
つまりチエが無いだけなのです。

プログラムの中から、
この様な些細な言葉を発見したら叩き込んで、
チエと言う直感的判断力にしてしまいましょう。

起こり来る事総てを糧として生きる人とは、
その瞬間の中に、そういう生き方をしている人なのです。

自分の成長のチャンスを
どの瞬間にも取り逃がさないとする、
叩き込まれている心構えが在るのです。

「何の為に・何故」を
自然に発する様な心構えを性根に叩き込み、

それで判って来た事観えて来た事にいいなと感じたら、
その事をやり過ごさず、性根に叩き込まれるまで粘着し
・・・そうやって自分を創るのです。

出来る人とは、日常起こり来る総ての瞬間を活用して、
その様にマインドをデザインしているのです。

いい事を知ってしまったら、
それを性根に叩き込んでしまわないでは居られない
感じ方に成っているのです。




今回はこの辺で

次回をお楽しみに♪



48意識の時代が来る!意識の時代の覚醒への道  
その10「覚醒とは、自動化してしまった注意力」



より多くの方に見ていただけるよう
クリックして下さると嬉しいです♪








スポンサーサイト






 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

白いハナミズキ

Author:白いハナミズキ
私は長年マスター・重見幸俊氏の学びをしてきました。中でも「お父さん塾」&「自立型人間養成フォーミュラ」の効果は絶大で、古今東西、他に類のない奇跡の成功プログラムだと確信しています。
だから、もっと多くの人にこれらのコンテンツを知って欲しい!学んで欲しい!と切望し、このサイトを立ち上げました。
成功する(幸せになる)には、弱者の質から強者の質を啓く必要があります。
その為の絶対得する情報を、順次、公開して行きます。マスターからの熱きメッセージです!お楽しみに!!

最新コメント

カテゴリ

« 2021 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31