FC2ブログ

「自立型人間養成フォーミュラ」 これからの二分する世の中に備えて

潜在意識のメカニズムを学んで、強者の質を啓こう!

38意識の時代が来る!意識の時代の覚醒への道 その1「問題提起とその解決を希求する心」

  1. 2020/08/31(月) 06:00:00_
  2. 意識の時代が来る!
  3. _ comment:0
今日は!白いハナミズキです。
ご訪問下さって有難うございます♪

マスターからの熱きメッセージ
「意識の時代が来る」をこれから数十回に分けてお届けします。

これからは、心の時代、意識の時代と言われています。

その時代を迎える準備として必要なのは
潜在意識のメカニズムと正しい歴史の認識を持つことです。

その為にこのシリーズでは、
目からの鱗の様々な情報をお伝えしてい行きます。

時代の先読みの準備をする為に
納得するまで何度も繰り返してくださいね。



ゾルバ
映画ゾルバから



37意識の時代が来る!どうしたら光明を得られるか 
覚者の到達した覚醒(悟り)とは何か?




38意識の時代が来る!
意識の時代の覚醒への道 その1「問題提起とその解決を希求する心」


それがそうだとその先どうなるのか?

世の仕組みを総て俯瞰しても、
突き詰めると出て来るものは苦しみでしかない。
  
そこで初めて求道精神が生まれる。

人は不自由を感じていても、
何故そう感じているのか
真の原因を認識してはいません。

「あれが無いから・これがこう成っていないから」
と、表面的な理由を発見して納得しています。

人間は「出来ない理由」が見付かっても、
納得が起これば一種の安心を得てしまいます。

ヘンリー・フォードの言葉

「出来ると考えて出来る人がいる。
出来ないと考えて出来ない人がいる。
その両方が正しい。」

・・・では、自分はどちら側で正しくありたいのか
と考えたらいいのです。

現代教育は、真の原因を追究しない
思考回路の育成に努める様なシステムに成っています。

暗記中心の教育は、
「独立して自ら思索出来る能力」を育成させる暇を与えません。

学問とは、「問うて学ぶ」という事ですが、
本来の「問う」という大前提をさせない訳です。

過飽和を起こす様な状況を作り、
覚えなければならない事に集中させ続けていると、
「問う」暇がありません。

それで、社会に出る頃には、
すっかり「問う」事を忘れてしまった脳回路が
出来上がってしまうのです。


過激な競争で自信を無くさせ、人の意見が自分の意見
に成る様に条件付けられても行きます。

その過激な競争に勝ち抜いた人でさえ、
専門バカになって、専門以外は全くのド素人です。

専門以外は、全く弱者のままです。

トータルなバランス感覚を育てないのは
社会システムの要請なのです。

その結果、

人類としてのテクノロジーは急激に発達して来ましたが、
それを真に使いこなすチエは等閑にされたままと言うか、

逆に支配を目指す者達に因って
その未熟さを利用されている状態にハマったままです。


コンピュータの発達によって、
これからはもっともっと、
人間の労働は次々と機械にとって代わられます。


現在の「仕事」と呼ばれているモノは、
やがてその90%はどんどん無くなって行く事でしょう。

皆、生き残りに必死で、
先人の残した「覚醒に至る法」を
ゆったりと実践しているヒマもありません。

昔は、僧職となった人達が、
人々の心の平安と生きる指針を与える役目を担っていました。

しかしその様に、世捨て人に成ったり、出家して
「悟り探求」の旅に出られる人がどれだけ居るでしょう?

もしいたとしても、その様な奇特な人を尻目に、
支配者達は世の中を好き放題に荒らしまくっています。

自由化と言えば聞こえはいいですが、
それは「強い者がより強くなり弱者を食い物にしますよ」
という事です。


その様な時代の激動の中に在って、
現代人に則した「覚醒法」が必要です。

また、自らが覚醒する事に因って、
人々を導ける人材の育成が急務です。

現代に生きるブッダです。


釈迦やキリスト、老子の様な覚者と呼ばれる方々は、
何に覚醒していたのでしょう?


それは常人には手も及ばない、
難解複雑な事だったのでしょうか?
・・・決してそうではありません。

潜在意識のメカニズムが
体系立てて解き明かされていなかったので、
複雑に見えていただけです。

現代人は、
「為に成るのにダメだと感じ、為にならないのに好きと感じる」
逆さまの感じ方が「顛倒夢想」として
潜在意識に巣食っている事さえ認識していません。

それに無意識に操られている等とは考えてもいません。

言われたら「ああ、そうか」と言われる簡単なモノさえ、
判断基準に無い状態なのです。

覚醒に必要な「ああ、そうか」は、
一人平均たったの200~300個です。

そしてここに確かな地図があります。

それは現代人に則した、
ブッダと呼ばれる覚者に至る「覚醒法」です。

それはブッダフッドに導きます。


では、「現代人に則した」とはどういう事でしょうか?
それは、今在るがままから直ぐスタート出来るという事です。

欲を捨てる必要もありません。

寧ろ、欲を叶える方法から探り、
それをどんどん洗練させて行く方法なので、
現代人にとっては願ったり叶ったりと言う方法です。

現代に在って出家を強要するならそれは多分カルトです。
ご注意下さい。


インドのバグワンと言う覚者が
「ゾルバ・ザ・ブッダ」という概念を提唱しました。

ゾルバは超俗人です。
ゾルバは超脳天気な明るい人です。

彼が接した人の心に、ホッと安堵をもたらす普通の人です。

故に、「ゾルバ・ザ・ブッダ」は、
ブッダの智慧を秘めた、傍目には普通の人だという事です。


世間と言う俗界を、
ブッダの智慧を持って堂々と生き抜く事が出来る存在だ
という事です。

到達している心境は、
過去の覚者達と同じ次元に成っているのです。



マズローの欲求5段階説に付いては宜しいでしょうか?

人の欲求は様々です。
人によって求めている事やモノは皆違います。

しかし、それら欲しいモノを手に入れたり、
在りたい様に在るに至る方法は共通です。

そこには、それを現実化させる法則性があるのです。
ですから、まずはそれから学ぶ事が大切なのです。

覚醒と言う、
今までの概念なら人間離れした様に見える世界も、
いきなりそれを目指しては失敗します。


人間を超越したいのなら、神の世界を云々抜かす前に、
人間界レベルは自在に操れる自分である事です。


神の世界をどうこう論じる人が、
実に人間臭い俗物である「お金」さえ、
それに捉われて貧乏しているなら話に成りません。

そういう人は
神を語る資格さえない自分である事に気付かねばなりません。

実は負け犬である事を自分自身に隠し、
高尚な観念を振り回し、
人間界から逃げ出す為に自己欺瞞を積み重ねているだけです。

人間は、現代に在ってはゾルバからスタートするべきです。  


マズローの要求5段階の次に出て来る欲求までをも、
段階を追って順次叶える事が重要です。


また、殆どの人は自らでは考えられない状態から
スタートせねばなりません。

そこで0~6段階まで、各自の欲求のそれぞれの段階、
それぞれのレベルに合わせて問題提起をしているので、
そこから考えて行く事から始めます。

自分自身の問題提起として考える事からスタートします。

今のままでいいのか?
それがそうだとそのどうなるのか?
自分の命を何と引き換えるのか?


・・・もう悟って、光明とか涅槃と言われた
それが爆発するまで希求するエネルギーを
しっかりと溜め込んで下さい。


「Shigemi Yukitoshi Program」は、
覚者への覚醒プログラムであり、
史上初のソウルサクセスプログラムです。



今回はこの辺で

次回をお楽しみに♪



39意識の時代が来る!意識の時代の覚醒への道 
その2「求道の基本的な心構え」



より多くの方に見ていただけるよう
クリックして下さると嬉しいです♪








スポンサーサイト




37 意識の時代が来る! どうしたら光明を得られるか  覚者の到達した覚醒 (悟り)とは何か?

  1. 2020/08/29(土) 06:00:00_
  2. 意識の時代が来る!
  3. _ comment:0
今日は!白いハナミズキです。
ご訪問下さって有難うございます♪

マスターからの熱きメッセージ
「意識の時代が来る」をこれから数十回に分けてお届けします。

これからは、心の時代、意識の時代と言われています。

その時代を迎える準備として必要なのは
潜在意識のメカニズムと正しい歴史の認識を持つことです。

その為にこのシリーズでは、
目からの鱗の様々な情報をお伝えしてい行きます。

時代の先読みの準備をする為に
納得するまで何度も繰り返してくださいね。




悟り



36意識の時代が来る!衆生(大衆)の基本的な性質
 覚醒前の人々のカンファトゾーン




37 意識の時代が来る!
どうしたら光明を得られるか 覚者の到達した覚醒(悟り)とは何か?


生を受けた者にとって、それは本質的な問題であり、
この世で一番価値ある事である。
  
それ以外は総て、
生にとっては意味を為さないマーヤであり、
神話に過ぎない。
  
そしてそれは捉え方一つで、覚醒に至る方便となる。


古今東西、覚者と呼ばれる人が真の悟りに至った
心境と言うモノは、様々な呼び方で表現されています。


  ・覚醒する
  ・光明を得る
  ・悟りを啓く
  ・涅槃する
  ・神の国に入る
  ・梵我一如
  ・神人合一
  ・我が家に帰る・・・等々。


それは宇宙秩序の理解と共に訪れる、
揺ぎ無き絶対平安の心境(ブッダフッド)です。


それに至った時、人は誰からの証明も必要としません。
自分で判ります。
遂にそこに到ったのだと。

意識次元から起こり来る苦や、チャレンジすべき問題には、
喜んで飛び込める心境になっているのです。


心的態度が分離側を向けさせられてしまっている人々とは、
感じ方がまるで逆さまなのです。


それ以外に、救いは無いのですから当然ですけどね。
人間は成長するより外に道は無いのです。


それは、起こり来る事象の一つ一つに付いての
深い考察と理解が、その心境をもたらすのです。


解り易く言うと、それは、
アタマで考える顕在意識から作られた
マインド(潜在意識、或いは念)と、
ハートが完全一致する現象です。

正見を得ると、殆どの人々は
苦を自ら招き寄せている事が観えて来ます。

修行が正しく進まない人は、
マインドに顛倒夢想が存在する為に、
ハートと一致出来ないのです。

光明・・・それは言い替えると、
心的態度が完全に統合方向を向いてしまった時に訪れる
心理現象です。

そしてそれは、
実存に関する無限の叡智が湧いて来る状態です。
これを般若の智慧と言います。


同時に、実存から強烈な
「救済に立ち上がるボーディーサットヴァ(菩提薩埵)の心」
が発現して来ます。

これはもう、誰をしても止められません。

そしてその救済は、般若の智慧によって実行されて行きます。

苦楽を引き寄せる法則性が、
意識次元と物理次元では
全く逆さまで在る事の完全な理解が在る為、
立ち向かう側にしか意識は使われなくなっている状態です。

この状態に至った人をブッダ(覚者)と呼びます。

現代に生きるブッダは、ジャージにフリースを着て、
時に背広を着てネクタイを締めています。



世の中には、歴史上に顕れた覚者の足跡を元に、
光明に至る為の様々な修行法があるようです。



しかし、それらは総て
やって見なければ分らないモノとされており、
そこに到るメカニズムを解き明かした人は歴史上皆無でした。

再現性は非常に低く、
全世界で100年に3人も現れればそれは出来過ぎでした。

真理を探究する修行者自体に、右脳的かつ
左脳的な天才性が無言で要求されていたからです。

それは宝くじの一等に当たるより、
遥かに確率性の低いモノでした。

HSP(ハイセンスパーセプション)等の、
超感覚知覚力の開発こそが
光明に至る道だろうと、大変な誤解もあります。

それは、右脳的な能力の一つに過ぎません。
悟りそのものではありません。

もう、回り道をするのは止めて、
覚者と呼ばれた人々の足跡から、
彼らのbeingを観察して見ましょう。

彼らの修行時代は、
生と実存に関する真理に向かって探求し続けるマインド、
つまり
「タオめる=立ち向かう質問・落とし込む感覚・瞑想習慣」
感覚が、完全に啓いていた事が解ります。

統合方向オンリーの心理状態こそが、
求めるべき到達地点である事に、
そのメカニズムが全く言語化されないまま、
感覚的に掴んでしまう天性があったのです。


故に、唐突にその心境に到った感覚を得たりします。

それは例えて、
階段を一気に300段飛ばしで、
いきなりそこに飛び上がった様なモノです。

そして、何故それがその人には出来たのか、
誰も説明出来ません。

本人も言語化出来ません。

説明すればするほど、それは「無意識の真理否定」を
殆どの人々に導くだけの結果に成っています。

真理を求めて学べば学ぶほど、
「学ぶ人の陥るワナ」が何百と出現して来ます。


「Shigemi Yukitoshi Program」は
「学ぶ人の陥るワナ」を網羅しているプログラムです。



それを知らなければ今後の未来に於いて、
何生もの人生を成果の出ない方法に費やしかねません。


「Shigemi Yukitoshi Program」の
どれかに取り組んで頂いている方はお分かりだと思いますが、

それを理解するに至る
心理メカニズムの言語体系を用いなければ、
100の単位で存在する、
「学ぶ人の陥るワナ」を一体、どう潜り抜けるのでしょう?


それは至難の業です。

ですから今までは、悟りや光明に到れた者は、
そこに到れた事自体が奇蹟の様な出来事だったのです。



「Shigemi Yukitoshi Program」のプログラム群は、
覚者が一気に飛び上がった高みへの地点を、
300以上の細かな階段に細分化しているモノだと言えます。

その一段だけなら誰でも上れる訳です。


そうすると、
後はそれを300回繰り返したらいいだけですね。

その鱗片を味わいたい人は、
と言っても質の高い人はそれで十分だとも言えますが、

「自立型人間養成フォーミュラ」に取り組んで見て下さい。

どのプログラムシリーズであっても、
部分は総てを含んでいます。


悟りを得るとか光明に到るとは、
マインドをハートと一致させればいいだけの事です。


原理は単純です。

その為には、
それを邪魔する一切の顛倒夢想を削ぎ落とせばいいのです。

そうしたら涅槃します。

涅槃とは、生老病死の四苦を始め、後の四つの苦と併せて、
四苦八苦を完全に超越した意識状態です。



一切の心のしがらみ・・・自分の心を無意識に
縛っているモノを削ぎ落してしまいましょう。



「では、それは何か?」という事を、
まずは知る事から始めるのです。

どんどん学びましょう。

涅槃とは、苦が生起しないというだけではなく、
完全に解き放たれた自由です。

智慧も獲得しましょう。

その為に、
自分の本当にやりたい事・為したい事を通じて、
すべき事を「行ずる」のです。


「自立型人間養成フォーミュラ」の全体像を理解するだけで、
悟り・光明・涅槃等と呼ばれた状態に到達する、

それは間違いない地図(ガイドブック)であるという事が
理解されるでしょう。


何と、光明に到るその全プロセスが、総て解明され、
一つの学問として体系化されてしまったのです。

貴方はそれで、自分の「やりたい事・為したい事」を通して、
今何を「行ずる」べきかが解ります。

それは、
今まで当たり前だと教えられて来た常識の判断基準を、
遥かに超越した視点を提供します。


知に自信のある人は、優良レターページの学び方 」から
チャレンジしてみるのもいいでしょう。

光明に到る真の修行とは、
平均200~300もある顛倒夢想と言うブレーキ、

或いは
自己破壊プログラムとして既に自動的に働いているモノを、
その逆質のプログラムに置き換えるのです。


ただそれだけの作業です。



今回はこの辺で

次回をお楽しみに♪



38意識の時代が来る!意識の時代の覚醒への道 
その1「問題提起とその解決を希求する心」




より多くの方に見ていただけるよう
クリックして下さると嬉しいです♪









36 意識の時代が来る! 衆生(大衆)の基本的な性質 覚醒前の人々のカンファトゾーン

  1. 2020/08/28(金) 06:00:00_
  2. 未分類
  3. _ comment:0
今日は!白いハナミズキです。
ご訪問下さって有難うございます♪

マスターからの熱きメッセージ
「意識の時代が来る」をこれから数十回に分けてお届けします。

これからは、心の時代、意識の時代と言われています。

その時代を迎える準備として必要なのは
潜在意識のメカニズムと正しい歴史の認識を持つことです。

その為にこのシリーズでは、
目からの鱗の様々な情報をお伝えしてい行きます。

時代の先読みの準備をする為に
納得するまで何度も繰り返してくださいね。




大衆



35 意識の時代が来る!
学校では絶対に教わらない世の中の仕組み




36 意識の時代が来る!
衆生(大衆)の基本的な性質 覚醒前の人々のカンファトゾーン

働き蜂と女王蜂は、
単に餌の差という違いで生まれています。
 
栄養価の低い花粉と蜜だけで育てられるか、
それともローヤルゼリーで育てられるか?
 
人間の場合は、盲目のままか覚醒するかという事だが、
それは教育や環境の質で決まってしまう。

大多数の人間は、
基本的に自己を合理化したいのであって
アドバイスなど求めてはいない。


衆生は無自覚のまま、
保留癖が徹底的なカンファトゾーンになっている。
(カンファトゾーンとは、
それが居心地が良いとする状態の事)

従って合理化の手助けをして上げると金は儲かる。
それは本人の持つ嘘の手助け.

愚痴聞き商売が大流行り。

そのビジネス原則は「アドバイスは しない」事。

マイナスの事やネガティブな事が思い浮かぶのが自動的なのは、
仕向けられている教育のシステムによって、
既にそういう方向を探る質問が自動化しているからです。

まずこのワナに気付く事です

出来る人からすれば
それはとんでもない潜在意識の使い方。

そのパターンを修正する訓練が必要です。

知る人と、知らない人の大いなる違いを
ちょっと体験して見ましょう。

重要な事は何度も何度も反復されないと、
その重要性の価値に気付けない
という事を理解しましょう。

どんなに重要な事でも、
そのモノ語りを聞かされないと、
自らピンとは来ない意識状態だからです。

ストーリーを語る者が指導者となる
・・・ここに気付く人が、
羊の群れを自在に操る羊飼いに成れるのです。

イエスはいつも、自分の事を「良き羊飼い」だ
と言っていた事を覚えて置きましょう。

また大衆は、
落とし込むコツを掴んだ処から出て来る
可能感を持っていないので、
リミティングビリーフを超えた自己イメージを持てません。


それは思春期までに必要な、
心的訓練を全く受けずに育ったからです。

人間が真に目覚め、
愛や自由や富をコントロール出来る
チエの開発訓練は全く為されません。

逆に様々な屁理屈が横行していて、
人々の意識は結果志向に成る様に
社会によって仕向けられています。


ここで貴方はこれらの事に付いて
即座に、「それって何だろう?」
と言う質問が直ちに湧いて来ますか?

大衆は、自分の持つ観念が、
自ら自分を縛っているそのメカニズム自体に
全く自覚がありません。

潜在意識に頭で考える事とは裏腹のデータがあると、
成長の為の学びをしようとしても眠くなったりします。

その自分に出て来る感じ方(反応)から、
ここで呈するヒントを元に、観察する眼さえ持てば
自分に内在しているデータの質が判ります。

成功してなるモノか、
或いは幸せになってたまるかとする潜在抗力です。

生き延びる為に必要だ
と感じていた自己欺瞞の量が多いほど、
覚醒が困難になって行きます。


一旦ハマってしまったその状態から抜け出すには、
潜在意識の浄化(クリーニング)が必要です。


まずは、潜在意識のメカニズムを理論的に、
そして実証に基いて科学的に理解する事。

そして、そのメカニズムに沿った手法で
正しい心的訓練を行う事です。


しかしそれ自体に、
無意識のブレーキが掛っても来るのです。

ここの処の理解が重要です。

それは、分っているのに
どうしても「変えられない・出来ない」
と感じる何かです。

しこの度合いが強くなって来ていると、
カルマと言う概念も含めて、
意識の力と言うモノの正体を理解する必要がありますが、

基本的には、徳(生命を活かす行為)を積まないと、
脱出は不可能です。

意識の世界で働いている力は、
自分の積み上げた言動想念の力積量だからです。

理論や理屈を知ったというだけでは、
殆どの人は変る事は出来ません。


「行ずる」必要があるのです。

何をどの様に行ずれば良いのかは、
「Shigemi Yukitoshi Program」の中で
網羅してあります。

まずは「自立型人間養成フォーミュラ」を通して、
実践すべき事をどんどん「行じ」て行きましょう。

覚者に至る悟りの素材は、日常生活の中に
幾らでもゴロゴロ転がっているのです。

また、真言(マントラ)や般若心経、
またはホ・オポノポノを長時間唱える事は、
その浄化の助けになります。

もし可能なら、1日最低2時間実践します。

2~3ヵ月で効果が出て来ます。
それは一種の瞑想です。

知らずにマイナス思考する左脳の働きを抑止し、
腹式呼吸をする処にその効果の秘密があります。


保留癖とは、
心の風呂に入るのを嫌がるのと同じ。

「無意識の真理否定」と言う現象を
理解しましょう。


保留は単なる先延ばしではありません。
よく観ると、
保留を繰り返す度に垢が溜まって行くのです。

保留を重ねると、心の垢がどんどん溜まって、
時と共に、益々理の理解が困難になって行きます。

出くわした原理原則の理の理解を
自らも見出そうとする姿勢こそ、
出た時爽やかに成るお風呂の様です。

潜在意識は欲しいとか欲しくないとか、
アタマで欲求する事は知覚出来ません。

ここの理解も重要です。

それは、
認識の第四段階に落とし込まれた事を
実現しようと働くメカニズムです。

故に、願望を正しく持つ事は、
潜在意識にイメージを引き渡すのに役立ちます。

願望すれば、
そのイメージをいつも描く事になるからです。

まずは無自覚だったワナ脱出を願望しましょう。

従来の成功法則や成功哲学が教える
「物的願望」以前に、抱くべき「願望」がある
という事です。

そして、
自分が今まで正しいと信じて来た観念の「総点検」と、
今一度の「吟味」が必要です。

潜在意識に落とし込む原理原則は、
潜在意識に「自動的に願望実現させる」為の
武器です。



言い換えると、原理原則が落とし込まれておらず、
逆の観念等が落とし込まれていたら、
潜在意識は戦えません。

それは願望実現させる為の道具が無いという事です。

逆の観念等とは、
逆さまの感じ方であり、顛倒夢想の事です。

これは意図する事と反対の結果を自動的に導くモノです。

成功する人や覚者は、
無意識レベルで自動的に働く観念を
何千何万と落とし込んでいるのです。

貴方も、自動的にプラスに働く観念を一つでも多く、
どんどん落とし込めば良いのです。

今まで見て来た世の不正、それらは無知が
互いに互いの首を絞めあっている関係に過ぎません。

医者は毒を抗癌剤と言っているが、
農家は農薬を使っているし、

養殖業者は抗生物質や薬品を大量に使い、
民間人もメーカーから提供される製品で
環境を破壊する。

皆、自分の作っている製品は口にしない。

そして、
潜在意識に自ら死のプログラミングをしている者は、
世の不条理を利用してさっさと死に向かう。

悪に見えるそれらは、
顛倒夢想を積み重ねた人々によって、
無意識レベルで必要とされてもいるのです。

ですから、誰が悪いと言っているだけでは、
絶対に解決は有り得ません。

宇宙からは総てが公平です。

ここに気付かない限り、
支配する者と支配される者に分かれ、
共に分離度合いを強めるだけなのです。




今回はこの辺で

次回をお楽しみに♪



37意識の時代が来る!どうしたら光明を得られるか
覚者の到達したん覚醒(悟り)とは何か?



より多くの方に見ていただけるよう
クリックして下さると嬉しいです♪









35 意識の時代が来る!学校では絶対に教わらない世の中の仕組み

  1. 2020/08/26(水) 06:00:00_
  2. 意識の時代が来る!
  3. _ comment:0

今日は!白いハナミズキです。
ご訪問下さって有難うございます♪

マスターからの熱きメッセージ
「意識の時代が来る」をこれから数十回に分けてお届けします。

これからは、心の時代、意識の時代と言われています。

その時代を迎える準備として必要なのは
潜在意識のメカニズムと正しい歴史の認識を持つことです。

その為にこのシリーズでは、
目からの鱗の様々な情報をお伝えしてい行きます。

時代の先読みの準備をする為に
納得するまで何度も繰り返してくださいね。




教室




34 意識の時代が来る!スピリチュアル人間も集まれ!
ブッダの智慧を持って行きよう。




 35 意識の時代が来る!
学校では絶対に教わらない世の中の仕組み


ブリックス(BRICs、ブラジル・ロシア・インド・
中国&南アフリカ) がブリックス銀行を設立しました。

これは何を意味しているのでしょうか?

・・・ここには、日本人として
絶対に知っておかなければならない事があります。

その為には、
しっかりと押えておくべきポイントが2つあります。

①そもそも、世界に流通するお金は、
どの様にして出来るのか?

②1950年代から活躍しているエコノミックヒットマン
と言う陰の存在。

まず、これらをしっかりと理解しましょう。

動画を一時停止しながら、
字幕の言葉を一つ一つ理解して行きましょう。

そして時置いて何度も見ましょう。

①に付いては、銀行が人々の借金を元に
在りもしないお金を作る事が出来る仕組みを
理解する事です。

誰かが100万円預ければ、
準備率が10%の場合、900万円を作り出せるので、
5%の利息で貸し出せば年間45万円の利益が出るのです。

元は100万円ですよ。
それで銀行は45万円の利益を得るのです。

そして、
この準備率はどんどん低下して行ってるという事です。

準備率が5%なら90万円の利益、
1%なら帳簿上に9000万円作り出せるので
450万円の利益です。

誰かが100万円預けたら、
それを転がすだけで1年で、450万円の利益?
・・・それが金融システムです。

まるで、空気からお金を幾らでも作り出せる訳で、
それらを秘密裏に支配している勢力があるのです。


借りた人が借金を返せない場合、
銀行は、担保の物件を差し押さえて取り上げます。


この可笑しさに気が付いた人が、
その真相を大衆に啓蒙すべく、
色々と動画を配信してくれています。

そうして中央に集中する資本で、
世界銀行やIMF(国際通貨基金 )は
石油などの資源を持つ発展途上国に巨大な融資をします。

その国の特権階級しか使えない港湾や施設などのインフラを、
米国を中心とする企業を仕向けてどんどん建設します。


貸した金で自分達が儲ける為です。

そして発展途上国には使わないインフラと
膨大な借金が残ります。

政府はその返済に追われ、
国民に回すお金は無くなるので、教育や福祉が荒廃します。

世界銀行やIMFはその国を更に追い込み、
自分達の勢力が利する様にしか条件を出しません。

その国が行き詰った処で、
資源をもっと差し出す様に仕向けます。

国はどんどん貧乏になります。
国民は苦しみます。

そうすると、自国から出る富は、
自国民の為に使おうとするヒーローが現れます。

ヒーローはその掲げた理想と施策を実行しようとします。
そうするといよいよ②のエコノミックヒットマンの出番です。

エコノミックヒットマンは、その国の大統領に
先進国や多国籍企業だけが利する条件を出し、
賄賂と脅しを掛けます。

賄賂を受け取らなければ暗殺されます。
CiAの工作によってそれは実行されます。


賄賂に屈しないヒーロー達が
世界でどれほど暗殺され続けているか、
その真実を知りましょう。


世界銀行やIMFが、本当はどんな目的を持って設立され、
実際は何をしているかという事を
日本人は学校では全く教えられません。

だから、
独自に真実や真相を求めて学ばないといけないのです。

資源を持つ発展途上国は、独立したと言えども、
先進国にそうやってずっと苦しめられ続けて来ました。


しかし、発展途上国も賢くなり、
徐々に力を付けて来たのです。

そして、本来ならそう在るべきIMFが掲げている理念を、
自分達の為に実行しようとし始めたのです。

何と素晴らしい事でしょう。

ブリックス銀行は
エコノミックヒットマンの影響を受けない資金です。

大統領を腐敗させ、
米国を中心とする多国籍企業に利益誘導する事が
出来なくなって来ます。

暗殺の心配も無くなるでしょう。

ブリックス銀行が出来たという事は、
世界にとっての正義であり、
悪の力を削ぎ落とす事に貢献します。

そういう真実と真相を、
新聞テレビ等は伝えているでしょうか?

そして貴方は何が真の正義か子供に教えているでしょうか?

この大まかな仕組みを理解する事で、
何故戦争は作られているかまでが理解出来ます。


人々は、真実を知る必要があります。

そして、真実を知った人は
一人でも多くの人にそれを伝える義務があります。

黙っているという事は
巨悪や不正に加担しているのと同じです。


何故、巨悪は存在し得るのか?
ニューワールドオーダー(新世界秩序)とは何か?


ニューワールドオーダー(新世界秩序)を
支配者は口にしますが、
その定義を彼らから聞いた事がありますか?

それは丁度ピラミッドの様に
一個人を頂点として世界支配体制を確立し、
一般人類を愚民化し、人口を15億まで減らす事です。


NWO.jpg



こんな荒唐無稽と思えるアホな事を、
本気で考えている輩が居るのです。

まるでマンガですが現実です。

何故、戦争が起こるのですか?
何故医療の真実は隠蔽され続けるのですか?
何故?何故?何故?・・・。


アホな事が実行に移されているからです。
それは次々と思いもよらぬ方法で繰り出されて来ます。

一般の人々は「お金の作り出される秘密」さえ知りません。

しかし、彼らはそれに気が付いたが故に、
世界の覇権を取る事に成功したのです。

彼らは人に借金をさせれば、その信用だけで
無から幾らでもお金を生み出せる事に気付いたのです。

自分が金を貸すのではありません。
無から生まれた金額を貸し付け、金利を取るのです。

解りますか?
奴隷とは、このカラクリが理解出来ない人です。



総ての陰にユダヤ問題 (金融資本)あり。
彼らは真実が暴かれ拡散される事を恐れています。


昔の権力支配者と現代の権力支配構造、石油資本と金融資本、
人々を隷属化させ続ける仕組み、裏社会の出現と仕組み、
悪が隠蔽されるメカニズム、秘密結社とは何か?


こう言うキーワードを常に頭の片隅に於いて、
政治や国際情勢を眺めましょう。

そして、大衆の集合意識の顛倒夢想がそれらの存在を許し、
その仕組みを支え続けている事に気付きましょう。

目覚めていない人は、
たとえ搾取されるとしても自らの支配者を求めるのです。

しかしエスタブリッシュメントもよく見ると、
自らの思想とシステムの奴隷です。

一般向けには「お金ができる仕組み・Zeitgeist」
などを噛み砕いて再説明する必要が在ります。

 http://www.geocities.jp/tbcby865/jouhou/okanega_dekiru_shikumi.htm
 http://www.geocities.jp/tbcby865/jouhou/Zeitgeist.htm


そして、
人々が「潜在意識のメカニズムの本当の理解」を得る事が、
人類の真の救済と開放に繋がります。


今回はこの辺で

次回をお楽しみに♪



☆次の記事はこちら☆
36意識の時代が来る!衆生(大衆)の基本的な性質
 覚醒前の人々のカンファトゾーン




より多くの方に見ていただけるよう
クリックして下さると嬉しいです♪










34 意識の時代が来る!スピリチュアル人間も集まれ! ブッダの智慧をもって生きよう。

  1. 2020/08/25(火) 06:00:00_
  2. 潜在意識のメカニズムを知ろう
  3. _ comment:0
今日は!白いハナミズキです。
ご訪問下さって有難うございます♪

マスターからの熱きメッセージ
「意識の時代が来る」をこれから数十回に分けてお届けします。

これからは、心の時代、意識の時代と言われています。

その時代を迎える準備として必要なのは
潜在意識のメカニズムと正しい歴史の認識を持つことです。

その為にこのシリーズでは、
目からの鱗の様々な情報をお伝えしてい行きます。

時代の先読みの準備をする為に
納得するまで何度も繰り返してくださいね。





集まる



33 意識の時代が来る!
意識の時代は、徳を積む者の時代、
こそ願望実現のエネルギー



 34 意識の時代が来る!
スピリチュアル人間も集まれ!ブッダの智慧を持って生きよう。


マーフィーの成功理論や
  ナポレオン・ヒルの成功法則を遥かに凌駕する
  タオから生まれた弱者の為の成功法則。
  導入編だけでも驚くべき質と内容の
  Shigemi Yukitoshi Progrm


驚きの導入編・・・貴方は、①②③の、
この3つのプログラムを既に手に入れましたか?


①これからの潜在能力開花法その1(電子音声約2時間) 
自分で朗読録音もOK!
②これからの潜在能力開花法その2(電子音声約2時間)  

③誰も知らなかった潜在能力開花法(マスターの肉声約15時間)
               
更にそれに続く、
④ビジネス提案も電子音声で音声プログラム化しました。   


メルマガ登録してくれている人に特別配信です。
更に、
⑤意識の時代が来る!の電子音声は、
①へお友達を誰かご紹介下さった方への特典です。

そのお友達も②と③が無料で学べます。


更に
二人目のお友達をご紹介下さった方へは
「おすすめ記事」前半の電子音声プレゼント、

三人目のお友達をご紹介下さった方へは
「潜在意識のメカニズムを知ろう」後半プレゼントです。

登録するだけで
⑥弱者の成功戦略(マスターの肉声約83時間)
39回メール講座も無料です。

独立起業を望んだりネットビジネスに於ける
コンテンツ制作スキルを開発します。
               
「おすすめ記事」の中で紹介した
⑦マスターの動画と音声セミナー(約35時間)
全合計142時間に及ぶ、質、量共に
塾として立てるなら50万円相当
と言っても過言ではありません。

それが総て無料で学べるのです。

貴方はご自分の進度に応じて適宜、
登録フォームに登録するだけ。

この順番で反復していれば、
貴方は人生を激変させる事が出来ます。


何故なら、
これらのプログラムは意図的に封印されている
「独立して自ら思索出来る能力」を啓くからです。

まず①~③をグルグル反復し、
後は④~⑦の好きな処からそれに混ぜて
聞き込んでいけば良いのです。

これらの素材を元に、
呼び掛けられている事に考えて答える事から始めるのです。
考える事が重要です。



マスターのプログラムは総て、
自らの脳を使って考える様に仕向けてくれる訓練ツールです。


現代教育は規範を守る事や記憶能力ばかりを問い、
自ら考える能力を育成しようとしません。


それは、
言われた事には従順ですが、
自分の考えを持てなくなる隷属人間を育てる為だからです。


言い換えると、
自分の考えを持てなくなり、
言われた事にしか従わざるを得なくする為です。


気付いている人は、ちゃんと気付いています。

言い換えると、
自分の考えを持てなくなる為に、
言われた事にしか従わざるを得なくする為です。


更に、これからは端末機器の発達で、
情報が益々溢れ返る様になって来ますが、
情報に流されていると大変な事になります。


自分で選んでいるつもりが、洗脳されていると
「そう選ぶ」様に導かれてしまう事に気付かねばなりません。


これからの新隷属人間は
「端末機器が無いと生きていけない情報中毒人間」です。


そして人々の「探す・調べる・工夫する」能力の益々の封印です。

ナビゲーションは大変便利ですが、
地図を読み取る能力を低下させます。

益々、考えなくて良い環境が提供され始めている事に
醒めていましょう。

さもないと精神的奴隷にされます。


意識の時代はスピリチュアル人間の出番です。
スピリチュアル情報を逃避材料にしていないか?


「出来ない理由・稼げない理由」を自分に隠す為に、
スピリチュアル世界に逃避する人がいます。

そして
現世の事項に邁進する他者を軽蔑したり低めて見る事で、
自分の優越を保とうとするのです。

こういうタイプはより高き価値を追っている様に見えますが、
良く見ると自ら企画して動こうとはしません。


実は、真理を求めているのではなく、
知識を増やして慢心を育てているだけです。
学ぶ人の陥るワナに嵌ってはいけません。

ご注意下さい。

貴方は、それを知ってその「貴方の得している事」で
「如何宇宙に貢献していようとしているのか?」です。

言い換えるとそれは
「誰かに具体的に働きかけていますか?」という事です。

夢見に終わらせていたスピリチュアル情報は、
マスターの元で本物として蘇ります。


ハイステージの自分を誇りに思うなら、
人間界のレベルはマスターしていなければ
それはニセモノです。

より高きホンモノを求めましょう。

スピリチュアル情報は
潜在意識のメカニズムを習得してこそ活きるのです。


「やりたい事がやれる十分な資金力や
収入源を確保せよ。」
・・・人を助ければそれらは自在になります。


金銭的に困難な状態にあるとしたら、
それは人を助けていないという事です。

ホンモノを伝える事で、貴方は精神も経済も
実質的なスピリチュアルリーダーに成れますよ。


人類救済というテーマにチャレンジ。
日々、使命・天命を感じていますか?


スピリチュアル世界の重要性を自負するなら、
人類救済こそスピリチュアル人間のテーマです。


その為にも、まず自分を救い切る事。
そしてそれと同時に人々を真理に結び止める事。


マスターの元には、
無料でそれが展開出来る素材が、こんなに揃っているのです。

そしてそれは、
貴方にスピリチュアルリーダーとして生きる道を
拓いてくれます。 

ビジネス提案記事

イエスがシモンとアンデレに
「あなた方を人を獲る漁師にして上げよう」
と言ったその言葉が、正に貴方に実現するのです!

イエスのこの言葉の意味をよく考えて下さい。
それが如何に凄い事であるかを。


「それがそうだとその先、どうなるのか?」です。

自主的人間の推進力は、
それに先立つ快を感じるイメージを持っている処にあります。


映画スライブで描かれている様な世界が待っています。
もうご覧になりましたか?
何度も見ましょうね。

「いいな」と思った事は忘却曲線を思い出し、
心に刻み付けるという思考パターンを習慣化しましょう。


そして少しでも多くの仲間を集めましょう。
皆で力を集めれば実現しない夢はありません。



人間には3種類の栄養が必要。

肉体の栄養と心の栄養、
そして、皆見落としている感覚の栄養、
それは即ちエクスタシーとオーガズム。

潜在意識のメカニズムを習得する事で、
更なる奥義が目の前に展開し始めますよ。


それは、一般の宗教等が敢えて避けている、
薬物使用などを遥かに凌駕するタントラの世界です。




今回はこの辺で

次回をお楽しみに♪



35意識の時代が来る!
学校では絶対に教わらない世の中の仕組み



より多くの方に見ていただけるよう
クリックして下さると嬉しいです♪









33 意識の時代が来る!意識の時代は、徳を積む者の時代 徳こそ願望実現のエネルギー。

  1. 2020/08/23(日) 06:00:00_
  2. 意識の時代が来る!
  3. _ comment:0
今日は!白いハナミズキです。
ご訪問下さって有難うございます♪

マスターからの熱きメッセージ
「意識の時代が来る」をこれから数十回に分けてお届けします。

これからは、心の時代、意識の時代と言われています。

その時代を迎える準備として必要なのは
潜在意識のメカニズムと正しい歴史の認識を持つことです。

その為にこのシリーズでは、
目からの鱗の様々な情報をお伝えしてい行きます。

時代の先読みの準備をする為に
納得するまで何度も繰り返してくださいね。



徳を積む②



32 意識の時代が来る!
これからの潜在能力開花法。そのプロセスの全体像。



 33意識の時代が来る!
意識の時代は、徳を積む者の時代、徳こそ願望実現のエネルギー


アファーメーションしたり
ビジュアリゼーションするだけでは足らない。

それから湧くインスピレーションを行動に移すと共に、
とても大切なもう一つのポイント。

「徳」無き者に願望の実現など、あり得る道理がありません。


日頃抱いているその想念が、
その後どういう作用をして行くのかに
醒めていましょう。



食物が活動のエネルギー源となると同時に
体そのものを造り上げて行く様に、

潜在意識も日頃描く想念によって
意識の力である心的エネルギー(衝動や感情)が
決まって来ると同時に、
潜在意識の構造そのものがそれで構築されます。

故に、想念は潜在意識の食物であり、
これは体と違って何処までも拡大して行きます。

統合側の想念は成長となりますが、
分離側の想念は発展し難き頑固性の様なモノになります。

例えて、前者は貯金の様なモノですが
後者はゴミの蓄積の様なモノです。

前者は後光と呼ばれるオーラに包まれる様になりますが、
後者はそれが溜まるほど、
他者から見て不快なオーラをまとう様になります。

オーラは観えなくとも、反対転移として、
誰しも感じ合っています。

そしてそこに同類親和の法則が働いています。

そして、
精神次元が低くなるほど、邪悪なモノに巻き込まれて、
マイナスの想念を拡大するのに大いに役立っています。

マイナス想念が拡大すると、
現実的にも不幸と言うマイナスを引き寄せる様になります。

それがカルマと呼ばれるモノの何たるかです。

目覚めない限りカルマは断てません。
何せ自動的ですから。


そして、
変え難き頑固さの度合いの強さを直感で感じる人は
「業が深いね」等と一般的に表現します。


業が深くなるほど、
救いの手が直ぐ目の前にあっても見えなくなります。

素直さと言う能力を啓いた人ほど、
他者の変え難き「業の深さ」というモノを
直感で感じる事が出来ます。

しかし、
精神次元が高くなるほど、
邪悪なモノを撥ね返す様になります。

分離側の想念を抱く事は
それが動かし難くなるゴミになるだけでなく、
時間のムダ・人生のムダ・命の無駄遣いなのです。


命の無駄遣いをしていませんか?

逆に、
宇宙から観て建設的な統合側の想念は、
清浄で力強い心を育てているのです。

今この瞬間に想い描いている想念が、
貯金になっているかゴミになっているかに
覚めていましょう。

そのコツは、その様に覚めている様、
質問を落とし込んで置く事です。


潜在意識に質問を落とし込んで、
一刻も早くその自動化を図りましょう。



嫌な気分が湧いた瞬間に立ち上がるべき質問は

「それはどんな学びをもたらしているのか?」
「もっとも根本的な原因は何か?」

「自分はまだ何に気が付いていないのか?」
「これを如何捉えれば良いか」

等です。


そういう一群の質問が自動化していますか?
困難時に勝手に立ち上がって来ますか?
嫌な事から逃げ出そうとする質問が自動化していませんか?


それは感情を観れば判ります。

この様な時に、「どうしよう?」と言う質問だけでは、
盲目状態に決断を促そうとしている様なモノです。

不安定さは、改善されません。

この質問が立ち向かう方向を向いていれば良いのですが、
もし「分らん」を「分らん、分らん」と繰り返していると、
逃避方向を探る質問になっています。



嫌な気分が湧いた時は、先の質問と同時に、
「もっとこの不快な気分を味わってみよう」
と考えると逃避とは逆になります。


逃げると苦しみは追いかけて来ます。
それは消そうとしても消えずに増えたりします。
消そうとしても意志の力では消せないのです。

それが潜在意識の性質である事を早く悟りましょう。

同じ様に、
「もっとこの不快な気分を味わってみよう」と思っても
気分の悪さを増やす事が出来ません。

増やす事が出来ないばかりか、
先の質問とその決意が合成されると、
チエが湧いて来て、不快な気分が消えてしまうのです。

何と、不快な気分を増やそうとしたにも拘わらず、です。

チエが湧き、その時の「どうしたら良いか?」
の答えがはっきり見えて来たら、
もう、不快な感情を湧かせるのは不可能です。


やっぱり意志の力では
不快な感情を湧かせたくてもどうにも出来ません。

爽快な気分が、勝手に湧いて来てしまいます。


潜在意識を自在に操り、コントロールするとは?

潜在意識を自在に操るには、
まず、どれだけ正しい質問、言い換えると
「立ち向かう質問」を落とし込むかに掛っています。

チエを啓く力は、
その質問の数×そしてそれを強く求める度合い×回数²
で決まります。

質問は心のハンドルです。
「立ち向かう質問」はチエを獲得して行きますが、
「逃避的質問」はゴミを溜めようとしているだけです。


自分の為に、しっかり損得で考えましょう。

前者は、
心的パワーや実際的な力、そしてスキルともなって、
外部に働きかけられる実力となって行きますが、

後者は、外部はもちろん、
自分さえ不快な状態から動かせなくなる力となって行きます。



それが解って来たら、後は徳 (意識の力) を積むだけ!

物事は本来どう在るべきか?
どうしたら人を喜ばせられるか?
どうしたら救って上げられるか?


という質問を落とし込み、
それで得られた解答を落とし込んで、
自動化させてしまいましょう。

一番の徳積は、人を覚醒に導ける様になる事です。
書く力、語る力を養いましょう。

その法則を人々に布施する事を「法施」と言います。

まだ語れない内でも、立派な徳積があります。

それは真理に縁が生じる様に縁を施す「縁施」です。

「法施」「縁施」が出来る人は、
自然に「物品施」を受ける事になります。


徳とは、心の貯金であり、
イエスの言った「天国に蓄える腐らないモノ」です。


それは生きとし生けるものを
「活かそう」とする方向で生じるカルマ(善業)です。

この 徳=プラスの意識の力こそ、
宇宙に支払う願望実現の為の対価なのです。

徳が貯まっていると、
下らないモノでも簡単に実現出来ます。

しかし徳は確実に減ります。
大事な徳を下らないもので浪費してはいけません。

しっかり貯めて、ここぞという時に使うのです。

「行動する事」と「徳」を説かない願望実現法は、
単なる催眠術ですから要注意です。

元手無しの「縁施」でまず、
心の貯金「徳」が溜まります。

これを元手に何かを手に入れて下さい。

そしてもっと「縁施」をして
もっと「徳」を積んで・・・と、
この成功スパイラルに乗って上昇するのです。




今回はこの辺で

次回をお楽しみに♪



34意識の時代が来る!スピリチュアル人間も集まれ!
ブッダの智慧を持って行きよう。



より多くの方に見ていただけるよう
クリックして下さると嬉しいです♪










32 意識の時代が来る!これからの潜在能力開花法。そのプロセスの全体像。

  1. 2020/08/22(土) 06:00:00_
  2. 意識の時代が来る!
  3. _ comment:0
今日は!白いハナミズキです。
ご訪問下さって有難うございます♪

マスターからの熱きメッセージ
「意識の時代が来る」をこれから数十回に分けてお届けします。

これからは、心の時代、意識の時代と言われています。

その時代を迎える準備として必要なのは
潜在意識のメカニズムと正しい歴史の認識を持つことです。

その為にこのシリーズでは、
目からの鱗の様々な情報をお伝えしてい行きます。

時代の先読みの準備をする為に
納得するまで何度も繰り返してくださいね。



アセンション④



31意識の時代が来る!その5
 イニシエーション(秘儀伝授)と目覚め直前のワナ」



 32 意識の時代が来る!
これからの潜在能力開花法。そのプロセスの全体像。


潜在能力の開花とは、潜在意識を自分の味方に付ける事。

それは、
やるべき事に「やりたくて」邁進出来る
「強者の質と智慧」を啓く事です。

今の自分を認めて笑ってそこからスタート。
ケチは早く過去形にする。



自分の内なる可能性を開放し開花させるには、
一つ一つ踏みしめるべきステップがあります。

どのプログラムから入っても、その順番は凡そ次の通りです。

最初に全体像を押えましょう。

順番を間違えると、大切なモノが欠落し、
顛倒夢想を逆に育てる事に成りかねません。

そうすると、
とんでもない潜在抗力に出くわし、
瞬く間に元の自分に引き戻されてしまいます。


まずは、人間の潜在意識の可能性と
問題(潜在能力と潜在抗力)を知る事です。


何が無意識に「そう思えない」様、
条件付けられブロックに成っているか、その正体を知る。

条件付けられているほとんどの人は、可能感を知らないので
リミティングビリーフを超えた願望が持てない。

そこで取りあえずの願望イメージ
(幸せ・成功・健康・自由・愛・お金・覚り・覚醒)等
素直な憧憬として持つ。

それを育てる為のコツ「たおめる」と「とほぶる」を知る。


全体像を知ったら、
ここからはいよいよ訓練の段階です。


最初に落とし込むべき原理原則は
「自責の念」と「人の目が気になる」で、
その牢獄からの脱出訓練です。

為になる事を学んで
悪癖を助長してしまうワナの自覚も必要です。

賢者の言葉の「それがそう言える」理由を
自らの意志で探し出す意識を持続させる訓練。

集中力を養う。

その超・時間短縮に参考になるのが
プログラムは様々な使い方が出来ます。

自分自身の「テーマと質問」を
プログラムを参考に見出す訓練をして行きます。
 
プログラムは最初、全体像を理解する為に「ただ聴く」
次に
「テーマと質問を持って聞く」
 
「自責の念」「罪悪感」を削除するテーマで聞き、
自分自身のハートの声に従うと言う決意をする。
 
そうしたいのかどうか、常に自分に問い掛け、
比較する癖の養成。(勿論、得する方を選択。)

「そうか!なるほど!」と
being(在り方・感じ方)から認める訓練をして
些細なヒーロー体験を積み重ねる。

徐々に永遠・絶対・不滅と言えるモノから
自分でもそう言えると言う

理を見出し、マインドの基礎を固める。

物事の順序を思考次元で組み立てる感覚の2つの訓練。

原因探求と、それがその先どうなるのか?・・・この2つです。

更に理解した事や質問を、
認識の第四段階に落とし込んで自動化させましょう。
 
「その言葉」が落とし込まれ、自動化したらどうなるかと
想像する訓練を積み重ねます。


洗脳され、矛盾したテーマが落とし込まれている故、
無意識レベルで葛藤していると知りましょう。


自己中心的になる様仕向けられていて、
「人様の事を考えよ」
「人様の役に立てば成功する」等です。

まずは、自分自身を愛せる様に成る為に、
自分自身をその言動想念を含めて
「許す」事から始めましょう。

エゴと言う自分のフィルターを通して
真理解釈しようとすると、
本物の真理の前では同類親和の法則が働いて、
自分が吹き飛ぶから要注意ですよ。


真理の一部だけを取って、
エゴの継ぎ接ぎにしてはいけません。

隠し込んでいた本性が露出し、
愛や親切心すらそれは聖なるモノ故、
炙り殺される様な苦しみになります。

般若波羅密多の現代版テクニック・・・
ホ・オポノポノ、四つの言葉を心で唱えるだけ。


私達は過去の思いや、感情、ことば、
行いから成り立つ存在であり、

過去のあらゆる経験の集合体である
という事実を受け入れた時、

またその様な過去の記憶庫に左右され、
自分の人生や選択の持つ色合いや陰影が決まっている事実を
受け入れた時に初めて、道を正し浄化すれば
人生、家族、社会を変えられることに目を向け始めるのです。


モーナ・ナラマク・シメオナ 
州宝(Sith-Hooponopono創始者)


ごめんなさい 許してください ありがとう 愛しています 
この簡単なテクニックをマスターしましょう。

そして「それがそう言える」
99個の裏打ち裏づけを集めましょう。

簡単ですが、その意味の重さと価値を感じるには、
99個の「それは確かにそう言える」という裏打ちと
裏づけが必要です。

殆どの人が、ここを見落とすので、
「聞いた・知った」だけで終わってやがて忘れるのです。

そして無意識に
「真理否定」というマイナスの実績をまた一つ、
何も考えないまま積み重ねてしまうのです。

良い事をしていると信じて、
知らないで積み重ねてしまう「マイナスの実績」。


この解説は当シリーズで何度も出て来ますが、
マスターの発見したこの「無意識の否定の原理」を
絶対に理解して下さい。

この原理を知らなければ、
足掻けば足掻くほど足を取られて沈み行く底なし沼だからです。

足掻けば足掻くほどとは、
良いと思う事をすればするほど、求めれば求めるほど、
という事です。

そしてそれが実際良いモノだったら大変なのです。

ハートが引き寄せ出くわした、
目の前の一歩を確実に修める事が重要です。

直ぐ次に飛んではいけません。

その時どうしても分らなければ、
それを質問として落とし込み、
それを自動化させた上で、次に飛ぶ事(進む事)です。

質問として落とし込まずに次へ進むから、
無意識に「真理否定」を積み重ねる事になるのです。

アタマでは良い事を求めていると考えていますが、
潜在意識の側から見れば、保留や逃避を練習し、
その実績を積み上げている事になっているのです。

ハートが引き寄せ出くわした、
目の前の一歩を確実に修める事が
「今を生きる」「この瞬間を完結させる」
という生き方に成るのです。

この原理を聞いて恐怖を感じた人も、
早速「許す」事から始めたらいいのです。


この原理は、世の優れたリーダー達が
まだ誰も気付いていない原理です。


老子自身は気付いていましたが、
どうしても言葉として説明出来なかった原理、
そして早急に世界に広めなければならない原理です。

何故なら、
世のリーダー達は自分の信じる「良き事」を広げる事で、
ほんの一部の人を救うでしょうが、

大多数の人には
「無意識の否定」を積み重ねさせる事に成っているからです。

それは、作用に対して反作用の様に出現し、
人類全体の潜在抗力として薄く広く拡散して行きます。

それは衆生の平均的質を
潜在意識のメカニズムから理解していない事に在るのです。

こう言う訳で、人類の覚醒は遅々としているのです。


コピーレター用トークプログラムで詳細に解説されています。
難しく考える事はありません。

「為に成る事はハートが引き寄せている。
出会いには総て責任が生じている。
人間は成長するより他に道はない。
私は自分を許し愛する。」等、

・・・これらの言葉が落とし込まれて自動化していたら、
成長は自動的なのです。

起点・原点は本当に易しいのです。
         
このトピックは、同名のプログラムになりました。



今回はこの辺で

次回をお楽しみに♪



33意識の時代が来る!意識の時代は、
徳を積む者の時代 徳こそ番棒実現のエネルギー。



より多くの方に見ていただけるよう
クリックして下さると嬉しいです♪








31 意識の時代が来る!その5 「イニシエーション(秘儀伝授)と目覚めの直前のワナ」

  1. 2020/08/20(木) 06:00:00_
  2. 意識の時代が来る!
  3. _ comment:0
今日は!白いハナミズキです。
ご訪問下さって有難うございます♪

マスターからの熱きメッセージ
「意識の時代が来る」をこれから数十回に分けてお届けします。

これからは、心の時代、意識の時代と言われています。

その時代を迎える準備として必要なのは
潜在意識のメカニズムと正しい歴史の認識を持つことです。

その為にこのシリーズでは、
目からの鱗の様々な情報をお伝えしてい行きます。

時代の先読みの準備をする為に
納得するまで何度も繰り返してくださいね。



蓮の花




30意識の時代が来る!智慧の世界 その4
「自己信頼を修復する、小さなヒーロー体験」




 31 意識の時代が来る!
その5 イニシエーション(秘儀伝授)と目覚め直前のワナ」



出来ていない事に気付いた時が
「無知の知」に至れる本当のチャンス。

エゴは、自分の味方を装って、
如何に破壊をもたらすかに目覚めよう。

ここからの再スタートこそ、本当のスタート
・・・それは裁かず、許す事から。

ここを受け取ればこそ、それが真のイニシエーションとなる。


「光明・悟り」とは、今までの学んだ知識が、
一気に落とし込まれて一気に自動化する現象です。



だから、
心境が一気に180度変わった感じがするのです。

人間心理の真理(メカニズムの理解)が
認識の第四段階に落とし込まれ、
自動化するとはそういう事です。


悟り(覚り)とは、心境です。
永遠不滅なるモノへの認識と、その一体感です。
それは真理の了解です。


第三段階以前で留まっている知識は、
心境には何も影響はもたらしません。

単に知っているというだけです。

しかし、
第四段階に落とし込まれて自動化したら違います。
それと自分はもう一体です。

心的態度は完全に統合を向いてしまい、
もう「たおめる」でしかありません。

それが、徐々に起こり来るか、
一気に起こり来るかは人それぞれです。


しかしここに至るには、
エゴから発する様々なワナがあります。


知るだけで「出来ている」事にしておきたいエゴが、
もし出来てない事を認識したら暴れ狂います。

しかし学んで知識だけを知っているエゴは、
そういう態度がいけない事だとも知っています。

さらには、
「エゴはいけない」という知識をエゴ自体が知っています。

そうすると、エゴはどうするか、です。

それこそ学ぶ人の陥るワナの一つですが、それは
「不快を感じなくさせる為に、苦から逃れようとして
 創造エネルギーそのものを止める」事です。

そうすると今まで学んで来た、
あらゆる原理原則を忘れてしまいます。

それこそワナです。

改めて啓きかけた認識力で何かを認識すると、
出来ていない事だらけだと、強烈な自責が起こるからです。

ドラキュラやサタンは光りを恐れます。

真理は聖なる強烈な光です。

その状態から救済されるアイディア等は
聖なるが故、悉く、認識する度に「出来ていない事」
と認識して益々自責が起こります。

小さな本当を「認める」能力を養っていないと
「総てが嫌」に成り、
こうしてすっかり悪循環に嵌って引き戻されてしまうのです。

サタンが光を嫌がるとは、この様な人間心理の一面です。

創造エネルギーを止め始めると、
自責してはいけないと学んでいた原則そのものを
忘れるのです。

許さないからです。

しかしその姿は、平均的には
目覚めへの正しいプロセスを歩んでいると言えます。

また、
実質的に効果があるモノを学んでいるからこそ
それは起こり来る現象です。

効果の無いものを学んで
「学んでいるツモリ」を起こさせている催眠技法には
絶対に起こり来ないプロセスです。

効果が無いのだから、それは当然です。

真に効果在る教えとは、ジャンプ台への導きです。

後は本人次第です。
他の誰もどうする事も出来ません。

この時飛んだら光明です

光明に至るか引き戻されるか、
総てはこの瞬間に掛かっています。


理を理解すればいいだけです。
それは小さな「本当」を認める能力です。

理屈やメカニズムは実に単純明快です。

醒めた目で
その顛倒夢想を眺め下ろす知性さえ在れば良いのです。

それが出来るかどうかは徳の有無にも関係して来ます。

徳を失うと、どんな単純明快な事にも、
自分の意識からは全くの盲目になります。

何故なら、
周囲全体が啓きかけているかもしれない認識を
誰も「そうだ」と言ってくれないからです。

それは、自分の判断基準が他人にあるからです。

一つの真理認識は、
他の99個の真理認識によって支えられています。

二つ目の真理認識は、
他の99個の真理認識によって支えられています。

三つ目の真理認識は、
他の99個の・・・という事でそれは百まで続きます。


真理には矛盾はありません。

一つ真理を認めないでいるだけで総ては瓦解します。
要注意です。

逆に言うと、
一つの真理認識をその背景まで含めて徹底的に落とし込むと、同類親和の法則が働き、
後は芋ずる式に他の99個の真理認識が訪れます。

その眼を以て観れば、マスターのプログラムには
何処を切って見ても随所に目覚めへのジャンプ台が、
最初から既に、
あらゆる処に仕組まれている事が解るでしょう。

しかしその眼が無いと、総て見落とすのです。

それ故、99個の裏打ちが必要だという事になります。

最初から既に何度も言ってあるのに、
「真の理解しようとする意識と、
理解出来たらそれを落とし込む決意」
を持って取り組まないと、

今「原理原則など何処吹く風」、
奇麗に忘れてくれているからです。

故に落とし込まれる感覚が啓くまで、
同じ話が手を変え品を変えグルグルと続くのです。

「たおめる」感覚が啓いた時、
マスターの「コンテンツは無限に創り出せる」
という意味が解ります。

一枚のプリントからでも、一汲み取るか、百汲み取るかです。

一枚から百汲み取れる「たおめる」感覚・センスが啓いた時、
総ては全部一緒、一つに付いての説明だと判ります。



最初に落とし込んでおきたい原理原則。

「自分を許す」
「生命は永遠」
「裁くな」
「顛倒夢想に騙されるな」
「苦しみは無知だから起こる・知れば良い」


「原理原則には、「それがそうだ」と言える理由が必ずある 」

「原理原則をそれがそうだといえる理由を見出し、
 自分に納得と了解をプレゼントする」


「Beingに於ける、原理原則の理解を
 落とし込もうと決定する「決意決断」には成功しかない」



質問としては
「もしかしてこれがそれ?」と
今までの学びを振り返れる思考力・・・等です。

そういう基本の「言葉」さえ、危機の中で思い出せるなら、
それこそそれが、
貴方の魂の危機を救う
といっても過言ではありません。

それは小さな「本当」を認める能力です。

覚者の一人であるバグワンシュリラジニーシは、
この目覚めのチャンスを一旦逃すと、
数生の生を取り逃がすと
「祝祭のアート」の中で言っています。


原点から展開する、
たった200~300個の真理認識で、
光明・涅槃は訪れます。


マスターのプログラムは素直に理解さえ進めていけば、
全く苦しまずにそのプロセスが進められます。

創造エネルギーが溢れ始めているはずです。

しかし、そうならず、苦しむとしたら、
原理原則の何処かを無視したり違反をするからです。

出来る理由を探すという事・・・
意識の光を当てさえすれば、分離側の質は消えるのです。 


この文章は41世紀からのプレゼントです。

10年以上前からこの文章に出会っていて、
今ピンと来た人は、自分自身に懺悔する事です。

悔い改めればいいのです。
引き戻される時、実はチャンスはその一歩先にあるのです。



今回はこの辺で

次回をお楽しみに♪



32意識の時代が来る!
潜在能力開花法 その全体像のプロセス



より多くの方に見ていただけるよう
クリックして下さると嬉しいです♪













30 意識の時代が来る! その4「自己信頼の欠落を修復する、小さなヒーロー体験」

  1. 2020/08/19(水) 06:00:00_
  2. 意識の時代が来る!
  3. _ comment:0
今日は!白いハナミズキです。
ご訪問下さって有難うございます♪

マスターからの熱きメッセージ
「意識の時代が来る」をこれから数十回に分けてお届けします。

これからは、心の時代、意識の時代と言われています。

その時代を迎える準備として必要なのは
潜在意識のメカニズムと正しい歴史の認識を持つことです。

その為にこのシリーズでは、
目からの鱗の様々な情報をお伝えしてい行きます。

時代の先読みの準備をする為に
納得するまで何度も繰り返してくださいね。



小さなヒーロー




29意識の時代が来る!智慧の世界 その3
「現実とイメージの混在した癒着を切り離す」




 30 意識の時代が来る!
その4「自己信頼を修復する、小さなヒーロー体験」



Beingに於ける「決意決断」を理解した次のステップ。

信頼・・・「信じ様とする」のでは無く
「信じられるモノ」の育成。

・・・まず、このポイントを掴め。

そして、先達の経験からの報告を信頼せよ。

その為には、
まず信じられる自分作りの為の種を植える事から始める。


原理原則には、
「それがそうだ」と言える理由が必ずあります。


Beingに於ける原理原則の理解を
 落とし込もうと決定する「決意決断」には、
成功しかない。

この言葉と共に
原理原則には、
「それがそうだ」と言える理由が必ずある 」

という命題も併せて落とし込みましょう。
こう言う言葉をアファームし続けるのです。


・・・それがそうだとどうなるでしょうか?

こう言う命題を落とし込んでおくと、
原理原則に付いての理解が起こらない時、
「それがそう言える訳や根拠は何だ?」
という質問が、思考の流れとして自然に立ち上がりますね。

その質問が、自動的に立ち上がるという事が重要なのです。

ですから、これらの言葉は、
マインドセットを身に付ける為の心構えと言えますね。


心構えを身に付ける為の心構え

・・・これを起点の
原理原則として落とし込んでおかないと、
一般のマインドセット自体が身に付かないという事です。

原理原則に付いての理解出来る為の説明レベルは
人様々です。

どういう説明の仕方でそれが了解出来るかは、
その人の今までの
「出来る理由を探す」心遣いの履歴量次第で違うからです。

「出来る理由を探す」心遣いの履歴が多い人は、
ちょっとした簡単なヒントで閃き、真意を掴み取ります。

しかし
「出来ない理由」を探す事が自動的になっていた人には、
例えや事例が99個は要ります。

どちらにしても、
とにかく、理解に到達する必要があります。


この様な目に見えない理・・・それは
智慧を啓けばこそ、自ずから自然と観えて来る世界。



目の前に出現する「理を理解すべき原理原則」に付いて
「それがそう言える理由」を自らも見出(ミイダ)すのは、
自分を愛する人が、自分に与える最高のプレゼントです。

そしてそれこそが本当のプレゼントです。

イエスが「天国に腐らないモノを蓄えなさい」と言った、
正にその「腐らないモノ」です。

これが出来て初めて、自分を愛していると言えます。

自分を愛する努力を始めて下さい。

ハートは、自分のエゴに関係なく、
24時間休む事無く、
己の魂の次元上昇を図り続けています。

ハートが引き寄せている
その出会いを保留して反故(ホゴ)にするのは、
全くのエゴであり、自分を愛せていない物的証拠です。

エゴは目の前に在るチャンスを保留という形で奪います。

今この瞬間すら、
たった今出現した「立ち向かうチャンス」ですよ。

しかし、
保留を繰り返した人は、それが癖となって
認識の第四段階に落とし込まれ、
全く無意識、自動的になっています。

それは何を保留しているか
とさえ気付きもしない意識状態です。

プレゼントであると言う認識は毛頭ありません。

何と恐ろしい事でしょう!
心の眼を覚ましましょう。


目の前に出現する理に付いての
「理解と納得」というプレゼントを
自分に与え続ける人には、

心の成長と平安な心境や愛に満たされる環境が
自然とやって来ます。

そしてハートは充足し、満たされ、とても喜んでいます。

しかし、せっかく
「ハートが引き寄せている理やその他」に付いての
「理解や深い納得」をサボって自分に与えない者は、

既に持っている喜びも自ら捨て、
原因のはっきりしない不安心理や色々な問題に
人生を苛(サイナ)まれる事になります。

イエスの言った
「持っている物まで取り上げられるだろう」が起こるのです。


人の幸せや成功を指を咥えて見ている人生、
何かに隷属したまま脱出出来ない人生になります。

それは自分自身のハートを裏切るからです。

とても嫌な気分ですが、
それはハートが悲しんでいる姿なのです。

因(チナ)みに自分の言動想念の是非は、
「ハートが爽やかかそうでないか」を基準にすれば、
自分で分別が付けられます。

ハートの声に耳を傾けましょう。

ハートには
「建設的か破壊的か」が自明的に判る、
絶対基準、絶対価値観が在るのです。

自分に正直に生きるとは、
自分のハートに正直に生きる事です。

潜在意識の深層では、
メカニズムは以上の様に働いていますが、
エゴに支配されている頭にはそのメカニズムなど、
見える筈がありません。

しかし結果は、
為した通りの事がちゃんと現実に返って来ています。

それはもう起承転結、ドンぴしゃり!です。
みんなその仕組みと原理に気付いていないだけです。

盲目状態は更なる盲目状態を引き寄せます。

それは、時と共に、
益々理の理解が困難になるという事です。

目の前に出現する理やその他に付いての
「理解と納得」を得ようとする事

・・・それは、
それが習慣化されている人には至極当然の事であり、
負担も面倒臭さも一切ありません。

寧ろそうしないでは気持ち悪くていられない位、
普通の事なのです。

それは風呂に入る習慣を持っている事と
全く同じ程度のレベルです。

保留癖とは、
ハートから自分へ贈られているプレゼントを、
エゴが踏み躙(ニジ)っている姿なのです。



感じ方が「習慣化する・オートパイロット化する」
という意味をここで改めて深く汲み取って下さい。



この事例を通して
損得を判断しない潜在意識の「底力の強さ」というモノを自覚し、それを建設的に使う事を考えましょう。

そしてハートから贈られているプレゼントを
須(スベカ)らく、総て受け取れる様になりましょう。

プレゼントを要らないとするのはバカな話です。

しかし
顛倒夢想と言う逆さまの感じ方は、
得する事を面倒だと言う意味で損だと自分に感じさせ、

損する事を「虚構が崩されずに済んだ、これで安心だ」
という錯覚を得だと感じさせるのです。


さて貴方は、どちらの感じ方に、
自分の支配を許しているのでしょう?

賢者ですか、それとも愚者ですか?

その選択の自由は、貴方自身にその権限が100%在るのです。

さて、ここまで来ると、
「それがそうだといえる理由」を探そうとする意識を持ち、
それを落とし込んで自動化しておく必要性が出て来ます。

しかしここにもまた目に見えないブロックが潜んでいるのです。


原理原則を信頼したいのに、
それが心の底から受容出来ないのは、
自己信頼の欠落にある。



自分が信じられていない者は、
自分が選択しているそれが本当は信じられません。

何故でしょうか?

「信じようとしている」かもしれません。

でも、自分自身を信じられていない自分がそれを選択している訳ですから、
疑念を払拭する事は理論的にも不可能です。

ですから、
信頼出来る自分作りは、小さなヒーロー体験を積み重ねる事です。

小さなヒーロー体験とは、理の理解です。

「あっそうか!なるほど。」を積み重ねる事です。

そして反復する内に、

beingに於ける原理原則の理解を落とし込もうと決定する
「決意決断」の回数が増える事を目標にしましょう。


徐々に感覚を育てるのです。
理の理解の蓄積量が自信となります。

自信が溜まると、
そう判断している自分の選択にも自信が付いて来ます。

これは丁度、円錐螺旋型に成長して行きます。

歯も生えていない赤ちゃんに
サイコロステーキや入り豆を食べさせてはいけません。




今回はこの辺で

次回をお楽しみに♪




31意識の時代が来る!その5
「イニシエーション(秘儀伝授)と目覚めの直前のワナ」




より多くの方に見ていただけるよう
クリックして下さると嬉しいです♪









29 意識の時代が来る!智慧の世界 その3「現実とイメージの混在した癒着を切り離す」

  1. 2020/08/18(火) 06:00:00_
  2. 意識の時代が来る!
  3. _ comment:0
今日は!白いハナミズキです。
ご訪問下さって有難うございます♪

マスターからの熱きメッセージ
「意識の時代が来る」をこれから数十回に分けてお届けします。

これからは、心の時代、意識の時代と言われています。

その時代を迎える準備として必要なのは
潜在意識のメカニズムと正しい歴史の認識を持つことです。

その為にこのシリーズでは、
目からの鱗の様々な情報をお伝えしてい行きます。

時代の先読みの準備をする為に
納得するまで何度も繰り返してくださいね。




決断力



28意識の時代が来る!智慧の世界 その2
「立ち向かおうとする意識に立ちはだかる潜在的恐怖」




 29 意識の時代が来る!
智慧の世界 その3「現実とイメージの混在した癒着を切り離す」


良い事・為になる事を知るからこそ、
起こり来る不可解な混乱。

無自覚な悪循環を断つ、その楔となるキーワード。

感じ方は、一つのキーワードに開眼するだけで、
180度変わる事を知ろう。

人間心理のメカニズムを理解する処から、
言語化されない問題の構造が観えて来る。


良い事を学んでも
「決意決断」に二の足を踏んでしまう
という心理状態をまとめて見ましょう。



今までは、「決意決断しない」事こそが快だ
と潜在意識は捉えていたのです。

しかしそれでは不都合が起こって来ました。

何故なら、それは真ではないからです。

真ではない命題には必ず、矛盾が露呈して来ます。

しかし表面的にすべき事を
アタマでちょっと知ったとしても、
おいそれと簡単には切り替わりません。

潜在意識にはちょっと知ったぐらいでは揺るがない、
何かに癒着している強烈な決定事項が在るからです。

一旦認識の第四段階に落とし込まれると、
自動化して凄い力で作用するとはそういう事です。

しかしBeingに於ける
原理原則の理解を落とし込もうと決定する
 決意決断」には、成功しかない。
 」
と理解してそれを落とし込むなら、

現実のdoingでの「決意決断」と、
beingでの「決意決断」の意味が切り離されてしまいます。

Beingでの「決意決断」をしようとする前に、
この言葉をアファーメーションとして、
楔の様に打ち込むのがポイントです。

そうすると今度は、beingに於いては
「決意決断はする」事こそが、快という
新たな認識と理解が生じます。


この命題そのものは快です。

何故なら、
寝そべっていて出来る事ですし、
現実的なリスクは全くありません。

今では「決意決断しない」ことこそ不快という認識も、
薄々生じ始めて来ています。

「決意決断しようとすると出て来る不快」は、
本当は「決意決断出来ないから不快」なのです。

捉え違いにも気づく事です。

しかし実際は、
「決意決断」出来ないので大変な不快が溜まっています。

「決意決断」すれば途端に楽に成り、
快となるという経験がありません。

「決意決断して見ようかな」と考えるだけで、
そこに出て来るブレーキとしての衝動は強烈で、
不快は増大し、ストレスが溜まるので
ますます「決意決断」に躊躇します。

悪循環です。

不快を感じなくさせる為に、
創造エネルギーを止めようとしてはいけません。

そうするとあらゆる原理原則を忘れてしまいます。

それこそワナです。

意識世界は苦楽を引き寄せる法則が逆さまなので
「飛び込めば楽になる」と知った知識も、
単なる知識でストップしたままです。

それが落とし込まれないのは
現実世界での「決意決断」のdoingと混在して、
それと癒着しているからです。

現実世界のdoingに付いての「決意決断」は
しばらく放って置きましょう。


飛び込む勇気がまだ出ないなら、理の理解に努めましょう。

「何故そうなっているのか?、
そしてどうしたら良いのか?」という
その理の、顕在意識での理解によって、
潜在意識の捉え方は逆転します。


感じ方は
一つのキーワードに開眼するだけで突然変わります。

それは鉄道の路線切り替えのレバーの様なモノです。


切り替えレバー


片手で、
簡単に機関車と客車の流れが変えられるのです。

列車を素手で抱えて
路線を移動させようとしてはいけません。

潜在意識の性質を活用して下さい。

丁度、路線切り替えのレバーの様に、
今まで潜在意識が快としていた命題を不快と認識し、
新たなる命題を快と感じる認識を作るのです。


先の命題、Beingに於ける
原理原則の理解を落とし込もうと決定する
「決意決断」には、成功しかない。



この言葉がキーワードとなって、
感じ方を切り替えるレバーの役目を果たします。

これが「出来る理由を探す」という事です。

真実を見ようとし続ければ必ず出来ます。

Beingに於ける「決意決断」に成功する様になって
始めて、doingに於ける「決意決断」も
スムーズに行える様に成るのです。


まずは現実とイメージの混在から来ている混乱を
整理して下さい。

どんな命題が落とし込まれてどう自動化しているのか、
それは潜在意識内での働きですから
普通の意識状態では知覚出来ません。

何かの命題は、
潜在意識で勝手にそのプログラム通りに働いて、
気分とか感情という結果だけを送り上げて来ます。

これでアタマは、潜在意識と葛藤してしまいます。

何故そう感じるのか、アタマは理解出来ないからです。

しかし、その状態を観察するならば、
潜在意識の言語が読み取れる様になって来ます。

人間の認識は円錐螺旋型に成長して行きます。

グルグルと反復して行く内に認識は、徐々に育つのです。

その時理解出来なかった事も、
全体を通して再びそこに来た時、
認識力はグンとアップしています。

読み落としていた事・聞き落としていた事が
鮮明に飛び込んで来ます。

例えば、前回の28と今回の知識を得る事で、
それが理解されたら、
今までの記事も捉え方が、俄然違って来ます。


智慧を啓くには、原理原則を一つでも多く理解し、
それを落とし込んで自動化させる事です。


それは、人間心理をより深く理解し、
自在に操る為の道具であり、
問い掛けるだけで応えてくれるのです。

ここでは「決意決断」という命題を
潜在意識がどの様に捉えているかを吟味している訳ですが、

原因をこそ追究しようと発想し、智慧を啓けばこそ、
そのメカニズムや問題が手に取る様に観えて来るのです。

智慧の世界とはそういう世界です。

意識の時代は原理原則、
その法則である真理をこそ希求して下さい。

ソロモンの
「真理は、あなた方を自由にする」という言葉は、
その文字通りです。


Beingを見通す力を「観自在力」と言います。

その観自在力で、
人を救済する人の事を観自在菩薩、
略して「観音様」と言います。


菩薩とは、昔、
救済する力を持った人に与えられていた称号です。

薬で人を助けた人は薬師菩薩、
それが女性で観自在力を持ち、
お母さんの様に慈愛で人を救済した人は、
慈母観音菩薩という訳です。

「観音」とは「音を観る」と書きますが、
音は見えません。

しかし音は波動です。

その目に見えないその波動を観て理解出来るのが
「観音」という訳です。

この様なbeingを見通す眼を心眼と言いますが、
それは智慧と共に育ってくるモノです。

その智慧は、原理原則を一つでも多く知り、
それを落とし込む事によって
自動化したモノがベースとなって、

質問や問い掛けをした時に
インスピレーションとしてやって来るモノです。


殆どの人は、原理原則を落とし込まないから、
そういう能力が出て来ないだけなのです。

潜在意識のメカニズムと共に、
人間心理に関する一つでも多くの原理原則を見出し、
落とし込む様に努めましょう。

はその原理原則を見出せる宝の山です。





今回はこの辺で

次回をお楽しみに♪



30意識の時代が来る!その4
「自己信頼の欠落を修復する、小さなヒーロー体験」



より多くの方に見ていただけるよう
クリックして下さると嬉しいです♪









NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

白いハナミズキ

Author:白いハナミズキ
私は長年マスター・重見幸俊氏の学びをしてきました。中でも「お父さん塾」&「自立型人間養成フォーミュラ」の効果は絶大で、古今東西、他に類のない奇跡の成功プログラムだと確信しています。
だから、もっと多くの人にこれらのコンテンツを知って欲しい!学んで欲しい!と切望し、このサイトを立ち上げました。
成功する(幸せになる)には、弱者の質から強者の質を啓く必要があります。
その為の絶対得する情報を、順次、公開して行きます。マスターからの熱きメッセージです!お楽しみに!!

最新コメント

カテゴリ

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -