FC2ブログ

これからの潜在能力開花法(その8)落とし込みのテクニック潜在意識を自在に操る基礎技術ー43

  1. 2020/05/05(火) 06:00:00_
  2. これからの潜在能力開花法
  3. _ comment:0
今日は!白いハナミズキです。
ご訪問下さってありがとうございます♪

マスターからの熱きメッセージ

これからの潜在能力開花法(その8)落とし込みのテクニック
潜在意識を自在に操る基礎技術
をこれから数十回に分けてお届けします。

潜在意識は他人的!
放って置くと敵や邪魔でしかない居候に成りかねません。
まずは潜在意識を自分の味方にする方法を覚えましょう。
このシリーズでは、その為の新テクニックが紹介されています。

実践を積めば積むほど、確実に結果が出るので
楽しみながら学んで行きましょう!



瞑想と潜在意識


これからの潜在能力開花法(その8)
落とし込みのテクニック潜在意識を自在に操る基礎技術ー42



これからの潜在能力開花法(その8)落とし込みのテクニック潜在意識を自在に操る基礎技術ー43


認知症が増えているのは、減塩だけが原因ではありません。

「今」を生きる事無く、決定を先送りする癖は、
日常の中で既に無自覚なまま、常態化しているのです。

保留癖は、その心的態度を言語化するなら、
それは「認めん」と言っているのです。

「そうしたくない」と感じたら、
それに付いて深く考えるという責任から逃避し、
ちょろっと自分を誤魔化すのです。

その考え方を「今は使いたくない」と言っている訳です。
それは良き事の否定です。


潜在意識には、その概念は否定すべきモノとして、
沈み込んで蓄積し、潜在抗力となる意識の力となります。

その結果、如何なってしまうのでしょう?

感情の把握率が低く、
物事の因果を観通そうとする意識を持っていないと、
何もそこから見えて来ません。

保留癖とは、出来る人から見たら大変気持ち悪い、
全く無自覚なワナに陥っているのです。


己のハートからの課題から逃げ出している卑怯者、
・・・自分にすらそれを隠している卑怯者。

そういう心的態度と言うのは気持ち悪いと思いませんか?

その人のオーラから、爽やかさが漂って来ると言うのは、
この卑怯さが無いのです。

ですから貴方は、それが「無意識の失敗」を蓄積し、
その方向で「マイナスの意識の力を練り上げる」事に
成っている事をしっかりと自覚する事です。

子供達をこの世間のワナにハマらせない様導いて下さい。


心的態度が分離側を向いていると、
その人にとってはそれが自然な感じ方なのでしょうが、
心的態度が統合側を向いている人は、
その逆が自然な感じなのですよ。

ここの処をよく思索して欲しいですね。

違いを知って、比較するのです。
それが考えるという事でしたね。


「今」の瞬間に決意・決断を積み重ねる生き方をしていて、
その蓄積に依って開発された様々な感覚・
センスが自動的に働くと、
起りくる事総てを糧にする事が出来る様になるのです。


立ち向かい、達成したり克服する事に喜びを感じるか、

またはその瞬間から逃げ出したり、
忘れる事でプレッシャーの苦を無くし、
安心を覚えるという、
それが自動的な心的ワナにハマっているか?

それぞれが、考える事もない、
無意識レベルの癖なのです。

同じ癖なら、どちらがいいですか?



今回はこの辺で。


次の記事もお楽しみに♪




これからの潜在能力開花法(その8)
落とし込みのテクニック 潜在意識を自在に操る基礎技術ー44

自己啓発ランキング
より多くの方に見ていただけるよう
クリックしていただけると嬉しいです♪





スポンサーサイト




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

白いハナミズキ

Author:白いハナミズキ
私は長年マスター・重見幸俊氏の学びをしてきました。中でも「お父さん塾」&「自立型人間養成フォーミュラ」の効果は絶大で、古今東西、他に類のない奇跡の成功プログラムだと確信しています。
だから、もっと多くの人にこれらのコンテンツを知って欲しい!学んで欲しい!と切望し、このサイトを立ち上げました。
成功する(幸せになる)には、弱者の質から強者の質を啓く必要があります。
その為の絶対得する情報を、順次、公開して行きます。マスターからの熱きメッセージです!お楽しみに!!

最新コメント

カテゴリ

« 2020 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -