FC2ブログ

これからの潜在能力開発(その5)科学的思考と宗教観念の融合 リーダーシップの実力を養うー29

  1. 2019/10/30(水) 06:00:00_
  2. これからの潜在能力開花法
  3. _ comment:0
今日は!白いハナミズキです。
ご訪問下さってありがとうございます♪

これからの潜在能力開花法(その5)
科学的思考と宗教観念の融合 リーダーシップの実力を養う
をこれから数十回に分けてお届けします。

本格的なリーダーシップの実力を養う為には
何を如何考えて行けば良いのでしょう?
その秘訣は、今回のマスターのメッセージの中にあります。

耳に痛い箇所ほど繰り返し反復し、
率先リーダーとしての自覚を深めて行きましょう!


これからの潜在能力開花法(その5)
科学的根拠と宗教の融合 リーダーシップの実力を養うー28



リーダーシップ




これからの潜在能力開発(その5)科学的思考と宗教観念の融合 リーダーシップの実力を養うー29


はっきり言って、
庶民にとっては如何でもいい事です。

しかし、我々はその事実を知り、
この図式をはっきりと頭に入れ、
少しでも多くの人に拡散せねばなりません。

何故なら、
日本の中枢で権威や権力にしがみついている者が、
スキャンダルの発覚による
その権威の失墜を恐れているので、

今でもその真実を知って揺すりを掛ける
外国勢力の言いなりになっているのです。

第二次世界大戦すら、
秘密を握られていた天皇は
参加する事に従わざるを得なかったのです。

在庫の石油が一年半しか無い中で、
何故戦争が4年も続けられたかと言うと、
そのバッグではパナマ船籍経由で、
ちゃんとアメリカから石油を輸入していたからです。

敵国だったはずのアメリカからですよ。

そして大本営の御前会議は、
逐一、ちゃんとアメリカに報告させていました。

天皇自身の指示によってです。

何と驚き!すべては劇なのです。

皇太子妃雅子様が、何故心を病んでいるのでしょう?

虐められているとかそんなレベルの話ではなく、
とてつもない劇を任じられているのです。

まともな神経だからこそ、耐えられないのです。

自分でも色々調べて見て下さい。

そして、今でも政界で跳梁跋扈する
コンプラドール達自身は、甘い汁を吸わせてもらって、
国を売っているのです。

そのお陰で、
庶民はとんでもない迷惑を被っている訳です。

将来子供が減るので
毎年20万人ずつ移民を受け入れようだとか、

それ自体ふざけた話ですが、
前期の総理も今期の総理も
それぞれ30兆円づつ世界にばらまきの、
大盤振る舞いです。

それで消費税を3%上げて、
国民から12兆円巻き上げるのです。

それが世界を支配する者達からの指示だからです。

我々は目覚めないといけません。

そんな大盤振る舞いするお金が在るなら、
子供を一人生んだら、お国が祝儀として
300万円上げたら如何だという人がいます。

実に面白い考えですね。

これで移民問題も、将来の人口減少も、一発で解決し、
若い世代の貧困も経済問題も解決するでしょう。




今回はこの辺で。


次の記事もお楽しみに





これからの潜在能力開花法(その5)
科学的思考と宗教観念の融合 リーダーシップの実力を養うー30

より多くの方に見ていただけるよう

クリックしていただけると嬉しいです。








スポンサーサイト




これからの潜在能力開発(その5)科学的思考と宗教観念の融合 リーダーシップの実力を養うー28

  1. 2019/10/29(火) 06:00:00_
  2. これからの潜在能力開花法
  3. _ comment:0
今日は!白いハナミズキです。
ご訪問下さってありがとうございます♪

これからの潜在能力開花法(その5)
科学的思考と宗教観念の融合 リーダーシップの実力を養う
をこれから数十回に分けてお届けします。

本格的なリーダーシップの実力を養う為には
何を如何考えて行けば良いのでしょう?
その秘訣は、今回のマスターのメッセージの中にあります。

耳に痛い箇所ほど繰り返し反復し、
率先リーダーとしての自覚を深めて行きましょう!


これからの潜在能力開花法(その5)
科学的根拠と宗教の融合 リーダーシップの実力を養うー27



リーダーシップ




これからの潜在能力開発(その5)科学的思考と宗教観念の融合 リーダーシップの実力を養うー28


リーダーは、世の中の流れを
見渡せる立場に立っていないといけません。

日本が、欧米の金融勢力に操られ続ける訳も
知っておきましょう。

日本の中枢は、明治以降、
殆どコンプラドール(操り人形)になっていて
今もそれが続いています。

何故日本のエスタブリッシュメントは、
それらに反旗を翻さないのか?

如何して、日本国民がこれだけ欧米の金融勢力と
石油資本に収奪され続けているのに黙っているのかと。

幾ら敗戦国とは言え、
ここまで貢ぎ続ける必要はないでしょうと。

日本の支配者エスタブリッシュメントは、
国民を守る気持ちは無いのでしょうか?

ずっと疑問だった私の謎がだんだん解けました。


それは
皇室のスキャンダルを握られているからだったのです。

孝明天皇は、外国が大嫌いで、
強大な外国勢力の力を考えもせず、
「とにかく総て打ち払ってしまえ」と言っていたのです。

明治天皇は伊藤博文らによって据えられた
山口県田布施出身の大男、大室寅之助。

では、何故孝明天皇は排斥されたのでしょうか?

それは、狂信的な攘夷主義だったから
開国討幕派の邪魔になったのです。

更に、昭和天皇の出生の秘密・・・
裕仁は誰の子供だったのか?

裕仁の実の父親は、西園寺八郎(旧名毛利八郎)で、
大正天皇の学習院時代の同期。

死ぬまで裕仁の侍従を努める。

故に八郎の子、公一(きんかず)は裕仁と兄弟。

昭和天皇の弟宮、 秩父宮は東久邇の子。

大正天皇の貞明皇后は、名前に似ず何故色々な男と?

・・・それは大正天皇は種無しだったのです






今回はこの辺で。


次の記事もお楽しみに






これからの潜在能力開花法(その5)
科学的思考と宗教観念の融合 リーダーシップの実力を養うー28

より多くの方に見ていただけるよう

クリックしていただけると嬉しいです。









これからの潜在能力開発(その5)科学的思考と宗教観念の融合 リーダーシップの実力を養うー27

  1. 2019/10/27(日) 06:00:00_
  2. これからの潜在能力開花法
  3. _ comment:0
今日は!白いハナミズキです。
ご訪問下さってありがとうございます♪

これからの潜在能力開花法(その5)
科学的思考と宗教観念の融合 リーダーシップの実力を養う
をこれから数十回に分けてお届けします。

本格的なリーダーシップの実力を養う為には
何を如何考えて行けば良いのでしょう?
その秘訣は、今回のマスターのメッセージの中にあります。

耳に痛い箇所ほど繰り返し反復し、
率先リーダーとしての自覚を深めて行きましょう!


これからの潜在能力開花法(その5)
科学的根拠と宗教の融合 リーダーシップの実力を養うー26



リーダーシップ




これからの潜在能力開発(その5)科学的思考と宗教観念の融合 リーダーシップの実力を養うー27



様々な事を経験し、
それが如何いうモノであるのかを本当に得心したら、
人間はその次元のモノを卒業する様に出来ています。

これも、周囲を眺めて観察していれば、
そういうモノだという事が、自然に見えて来ますね。

60も70も過ぎた人が、
遠足だプールだ遊園地だスケートだと
はしゃいでいる訳無いですね。

そういう、年を追ってその次元のモノは卒業し、
また、失うモノと失わないモノが有る事に
区別を付けておらず、

欲望が満たされてなくて、執着していたり、
それ自体を諦めていたりと
人は様々な状態に至っています。

まあ、人それぞれに色々有りますが、
最終的に、失う事が無く、すればするほど安定して来て、
味わえる脳内モルヒネがどんどん増えるモノ
とは何でしょう?


そういうモノが在ったら、人間は、
年と共にそういうモノに基盤を置くべきです。


そしてそれこそが人を育てる楽しみ、
人が育つ喜びなのです。


自己中心的で、人の幸せが恨めしい
と思って来た人には仰天する事かもしれません。


しかしやはり、色々な事を経験し尽くして見ると、
やはりそれが一番という事に成るのです。


欲望を果たして「快」を得るには「徳」が要りますが、
こちらの種類の快感は、
それを味わう様に努めれば努めるほど、
徳が蓄積して行くのです。


徳が蓄積すると自分自身の潜在的パワーは
どんどん増えて行きます。


「人を育てる楽しみ、人が育つ喜び」
・・・

それをどの位感じられる様になって来たかは、
意識の進化の一つの指標です。


共感し合える仲間が増える・・・
こんな楽しい事は有りません。

人間が最後に求め、
辿り着く処は
「愛」なのですからね。

まだそう思えないとしたら、
子供の頃の思い残しがまだ晴れていないという事です。




今回はこの辺で。


次の記事もお楽しみに






☆次の記事はこちら☆
これからの潜在能力開花法(その5)
科学的思考と宗教観念の融合 リーダーシップの実力を養うー28

より多くの方に見ていただけるよう

クリックしていただけると嬉しいです。